【カタログプレビュー】超高周波レーザドップラ振動計 UHF-120

< ログインしてこのカタログをダウンロードする(無料) >

【UHF-120】は、超高周波で振動する物体の面外振動特性を収集可能な超高周波レーザドップラ振動計。測定可能な振動周波数帯域は1.2GHzまで拡張され、光学系の設計を一新しながら、LDVのメリットだけでなくユーザが使い慣れているLDVの使いやすさがそのまま受け継がれている。ヘテロダイン干渉計とコントローラ ボックスで構成。光学ヘッドはヘテロダインディテクタ信号を生成し、その信号は高速デジタルオシロスコープで収集され、オシロスコープでデジタル化された信号はPCに送信される。PCでは、ポリテック VibSoftの新しいソフトウェアモジュールにより、ヘテロダイン搬送波が復調される。また、レーザ強度を和らげ、測定試料が測定スポットで受ける測定ビームのエネルギー負荷を最小化し、測定ビームの容易な調整をサポートするゲート機能を搭載。さらに 三菱 パジェロ ミニ(ジュニア) (H56A/H51A/H57A) 高品質 カーフィルム カット済み UVカット リアセット スモーク、内蔵のカメラおよび明視野顕微鏡イルミネーションを利用し、測定スポットの位置決めが可能。

発行元:ポリテックジャパン(株)

< ログインしてこのカタログをダウンロードする(無料) >