img.wp-smiley, img.emoji { display: inline !important; border: none !important; box-shadow: none !important; height: 1em !important; width: 1em !important; margin: 0 .07em !important; vertical-align: -0.1em !important; background: none !important; padding: 0 !important; }
 >  > TERZO テルッツォ ベースキャリア1台分SET マツダ ファミリアバン H6.9-H11.5 Y10 フット:EF14BL+バー:EB2+取付ホルダー:EH190
ASPLAiD CONSULTING トップページ » ビジョン・ミッション » 経営者のマインドが鍵!どのようにすれば持続性のあるビジネスを構築して中小企業を永続させることができるのか?

経営者のマインドが鍵!どのようにすれば持続性のあるビジネスを構築して中小企業を永続させることができるのか?

投稿日:

変化の激しい時代と言われています。特に昨年からは「不確実性の高い時代」と言われるようになり、経済指標では好景気が続く環境ながら、経営者は驕ることなく次を見据えていかないと生き残れない時代だとも言われています。

ですが一方で、変化の激しい世の中を気にし過ぎるがあまり、あれやこれやと手を出し過ぎ、結局何がしたいのか分からないまま自然消滅していく企業もあります。このように、情報過多で、何が正しいことかが分からない時代に、中小企業経営者としてはどのような姿勢で会社を永続させていけばよいのでしょうか?

 

テルッツォ ベースキャリア1台分SET H6.9-H11.5 TERZO テルッツォ マツダ フット:EF14BL+バー:EB2+取付ホルダー:EH190 TERZO Y10 ファミリアバン

誤解を恐れずに申し上げますと、これから先に何が起きるかを必死で考え、予測しながら経営することは、無意味だと思います。なぜならば、それは誰にも分からないからです。

こう申し上げますと、中には「メガトレンドを追うことは間違っているのか?」とおっしゃる方もいるかもしれません。そんなことはありません。私もトレンドや新しいプロダクト・サービスへの好奇心は高く、大半は必ず自分で使ってみます。

私が申し上げたいことは、好奇心を持ち、偏見を持つことなく新しいことに挑戦することと、会社経営者として新しいものに飛びつき続けて、何がヒットするのかばかりを考えて経営することとは別であるということです。

なぜかと言えば、大半の企業における会社経営の真髄は、継続性にあるからです。

 

会社とは、社会に対しどのような価値で貢献し続けるかが重要

まずは一個人として考えてみてください。毎日でも結構です、毎週でも結構です、毎月でも結構です。とある企業の商品・サービスが当たり前のように提供され、使用され続ける。

例えば電気・ガス・水道といったインフラや、スーパーやコンビニといった小売、電車やバスといった公共交通機関。これらと似た仕組みのビジネスこそが、企業と社会との究極の関係性ではないでしょうか?

つまり会社とは、お客様や社員、取引先までをも含めた社会全体に対して、

TERZO テルッツォ ベースキャリア1台分SET マツダ ファミリアバン H6.9-H11.5 Y10 フット:EF14BL+バー:EB2+取付ホルダー:EH190,[#tong##]

フロント側フット間寸法:96.0センチリア側フット間寸法:92.0センチキャリア前後間寸法:70.0センチバー下MIN寸法:55ミリキャリア装着時車高:158.1センチ積載荷重目安:50キロスライド&ダウンギア装着時バー品番:-備考:-■納期について・PIAA様よりお取り寄せとなります。・メーカー欠品時を除き、4-6営業日(土・日・祝日・メーカー休業日除く)程度で出荷予定となります。・こちらの商品は単品商品のセット売りのため、セットを構成する商品が1つでもメーカー欠品(完売)の場合、ご注文の全体が欠品(完売)案内となります。・メーカー長期欠品、生産中止等で入荷に目処が立たない場合は キャンセルとさせていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。■適合確認にご注意ください!お客様の思い違いによるミスマッチの返品には応じられませんので、適合をよくご確認の上お求め願います。画像は共通イメージ画像でございます。年式・型式・備考などは2015年6月にメーカーHPより取得したものでございます。メーカー側で情報を更新されている場合がございますので、メーカーHPで最終確認ください。PIAAホームページはこちら

、どのように貢献するかでその存在価値が生まれるわけです。そしてその存在は永続することで信頼度が増し、存在価値がなくてはならない存在にまで昇華するわけです。

ところがトレンドばかりを追いかけている会社の場合、その存在価値は向上するでしょうか?いつ撤退するかも分からない、中途半端な事業ばかりを展開していたとしたら、会社や経営者にとっては都合が良いかもしれませんが、お客様や社員、取引先から見た場合、信頼度は高まりません。

結局のところ、会社が社会に対し、どのような貢献をしたいかが重要であり、それを実現するために日々の活動を愚直にできているかで存在価値は決まるわけです。

 

持続性のあるビジネスとは、社会課題を解決するところから始まる

では、この変化の激しい時代に、中小企業経営者はどのように考えればビジネスを永続させられるのでしょうか?それにはまず、自社のビジョン、つまり”ありたい姿”をきちんと描くことから始めることです。

つまり、ご自身や会社は一体何者なのか?や、社会のどのような課題に対してどういうアプローチの解決手段を提供したいと考えているのか?がまずは重要です。

その上で、自社はどうありたいのか?どうなりたいのか?などを考え続けることです。その際には、外部環境などの条件を前提に考えてはなりません。景気動向がどうであるとか、市場の競争環境がどうとかは横に置くことです。

なぜか?条件ありきで考えてしまうと、他者依存の割合が高くなってしまいます。その環境条件が整わない限り、新しい取り組みはスタートできないからです。ここがポイントです。

事業が上手くいかない経営者に多いのは、今からスタートできない、高尚な取り組みばかりを考えてしまい、実際に意味ある行動を自ら阻害してしまっていることにあるのです。

そうではなくて、まずはビジョン、つまり”ありたい姿”を描き、今からスタートできる取り組みを常に考えるわけです。そうすれば自ずと、その間を繋ぐ方法や条件が具体的に見えてきます。あとはそれを実行するだけです。実にシンプルです。

ですがその事を正しく理解し、実践しない経営者が多いのもまた事実です。理由は様々ですが、情報過多に飲み込まれていることが原因の一つかもしれません。また日本の未来に対し、悲観すぎるのも原因の一つかもしれません。

そして最も大きな原因は、経営者として考えるべき自分なりの軸がなく、ご自身の右脳と左脳をフル活用して考えていないことのように思います。

そしてもう一つ。できない理由を言い訳材料にして立ち止まらない事です。所詮 、経営者とは常に先頭に立ち、障害を乗り越えていく宿命を持つ立場です。そして最も批判をされる立場です。

であるならば堂々と先頭に立ち カロ/KARO フロアマット QUEST 品番:2057 カラー:ウォームブラック他 レクサス SC UZZ40 FR フットレスト:有 2005年08月~2010年07月、障害を乗り越えようとし、批判を受ければ良いのです。そうすれば忍耐力が高まり、心は自然と強くなり、周りからの雑音に惑わされることがなくなります。

そういう経営者が経営する会社こそが、永続するビジネスを樹立するのです。

 

{yahoojp}ttrem04-zenjp3940-wl-zd-11295