RSR ダウンサス スカイラインクロスオーバー J50 フロント2本 新品 RS-R N125DF各種当店品揃え

RSR ダウンサス スカイラインクロスオーバー J50 フロント2本 新品 RS-R N125DF限定販売中


クラスを継承するとサブ(子)クラスは、スーパー(親)クラスのプロパティやメソッドを自らのものとして使えます。サブクラスを定めれば、スーパークラスの機能を拡張したり、使い途に応じたサブクラスをつくるなど、柔軟な開発ができるようになります。

RSR ダウンサス スカイラインクロスオーバー J50 フロント2本 新品 RS-R N125DF【正規通販】

本稿は、「TypeScript入門 02: publicとprivateおよびstatic」で書いたコード002「クラスにプロパティやメソッドを加えたTypeScriptコード」に手を加えてゆきます。まず 、クラス(Point)にprivate宣言したプロパティを、publicに変えましょう。キーワードprivateを消せば、デフォルトのpublicになります。けれど、publicはコンストラクタの引数に宣言することもできるのです。すると、つぎのようにプロパティへの代入も省いてしまえます。


class Point {
// private x: number;
// private y: number;
constructor(public x: number, public y: number) {
// this.x = x;
// this.y = y;
}
}




クラスを継承するには、サブクラス(Vector)のclassの定めに、つぎのようにキーワードextendsでスーパークラス(Point)を与えます。そして、サブクラスのコンストラクタ(constructor())は RSR Ti2000 ダウンサス 1台分 セレナ TC24 FF NA 13/12~17/4 サスペンション 送料無料 代引無料、関数super()でスーパークラスのコンストラクタを呼びださなければなりません。


class Vector extends Point {
constructor(x: number, y: number) {
super(x, y);
}
}

これで、サブクラス(Vector)が定められました。まだ A-TECH/SCHNEIDER StaG アルミホイール 4本セット クラウンマジェスタ 200系 【18×7.0J 5-114.3 INSET48 メタリックグレー】 【リムコーポレーション/Rim】ハイエース/レジアスエース 200系 などにお勧め 防虫ネット(バックドア) ワイドボディハイルーフ / 1セット ワイドハイルーフ・ダブルファスナー 品番:L22-016、サブクラス自らのプロパティもメソッドもありません。けれども、たとえばつぎのようにインスタンス(obj)をつくれば、スーパークラス(Point)のプロパティやメソッドが自らのものとして扱えます。ここまでのTypeScriptコードは、

スロットルキットType1 インナー巻取径Φ42 ホルダーカラー:シルバー ワイヤー:ステンレス金具 ACTIVE(アクティブ) ER-6F(Ninja650R)(09~10年)

RSR ダウンサス スカイラインクロスオーバー J50 フロント2本 新品 RS-R N125DF,[#tong##]

○メーカー名:RS-R○商品名:RS★R DOWN○車名:スカイラインクロスオーバー○型式:J50○年式:21/7~○エンジン型式:VQ37VHR○駆動:FR○グレード:-○スプリング仕様 F:9.12K R:-K○車高調調整幅(mm) F:30~25 R:-○マッチンググレード:370GT○品番:N125DF○定価(税抜):22700○代引き手数料:金額別○送料:700円装着適合確認について1:車種専用設計の為、適合確認車種情報・スペック数値などをご確認ください。2:装着・車検・点検は、お客様の責任の上お願い致します。◇納期について最短当日出荷(休業日除く)メーカー在庫があり送り先が【企業名】【法人名】【会社名】様宛の場合で最短当日~2営業日出荷(ご連絡先を固定電話番号で記入をお願い致します。)個人宅配送の場合2~4営業日出荷が目安となります。※12時までに配送先等の詳細、当方でご入金の確認が取れる場合に限ります。※メーカー在庫切れの場合、一部商品は受注生産となる為 納期にお時間頂く場合がございます。■お急ぎの場合はお電話にてご連絡ください。■商品について・お取引方法・在庫状況など、ご不明な点がございましたらお気軽に質問欄・お電話にてお問い合わせください。電話番号 04-7199-9339◇配送方法について■クレジットカード決済/銀行振込でご購入のお客様・佐川急便で発送致します。※着日指定出来ます。(ご注文日より、5日後以降をご指定ください。)※配達時間指定できます。午前中(8~12時)/12~14時/14~16時/16~18時/18時~21時上記よりお選びください。※ご指定出来ない地域もございます。その場合は通常発送致します。※運送遅延により、ご希望に添えない場合もございます。■現金代引でご購入のお客様・西濃運輸で発送致します。※着日指定出来ます。(ご落札日より、5日以降をご指定ください。)※配達時間指定できます。 午前中/午後上記よりお選びください。※ご指定出来ない地域もございます。その場合は通常発送致します。※運送遅延により、ご希望に添えない場合もございます。

、以下にまとめました(コード001)。


var obj: Vector = new Vector(1, Math.sqrt(3));
console.log(obj.getLength(), obj.getAngle() * Point.RAD_TO_DEG); // 1.9999999999999998 59.99999999999999

コード001■サブクラスを定める


class Point {
static RAD_TO_DEG: number = 180 / Math.PI;
constructor(public x: number, public y: number) {
}
getLength(): number {
var square: number = this.x * this.x + this.y * this.y;
return Math.sqrt(square);
}
getAngle(): number {
return Math.atan2(this.y, this.x);
}
static polar(length: number, angle: number): Point {
var x: number = length * Math.cos(angle);
var y: number = length * Math.sin(angle);
return new Point(x, y);
}
}
class Vector extends Point {
constructor(x: number, y: number) {
super(x, y);
}
}

02 サブクラスにインスタンスメソッドを加える

サブクラスへのメソッドの加え方は、通常のクラスと変わりません。つぎのようにふたつのメソッドを加えましょう。座標への定数(スカラー)倍(scale())と加算(add())です。後者の引数(point)の型には、スーパークラス(Point)を与えました。もちろん 【USA在庫あり】 パフォーマンスマシン エアクリーナー MAX HP 91年以降 XL コントラスト 0206-2080-BM JP店、サブクラス(Vector)のインスタンスも渡せます。


class Vector extends Point {
scale(scale): void {
this.x *= scale;
this.y *= scale;
}
add(point: Point): void {
this.x += point.x;
this.y += point.y;
}
}

たとえば、つぎのコードでサブクラス(Vector)のインスタンス(obj)をつくると、サブクラスのインスタンスメソッド(scale()とadd())が呼び出せるとともに、スーパークラス(Point)のインスタンスメソッド(getLength()とgetAngle())も使えます。ここまでのサブクラスを定めたTypeScriptコードは以下にまとめました(コード002)。


var obj: Vector = new Vector(1, 0);
obj.scale(2); // (2, 0)
obj.add(new Vector(-1, Math.sqrt(3))); // (1, √3)
console.log(obj.getLength(), obj.getAngle() * Point.RAD_TO_DEG); // 1.9999999999999998 59.99999999999999

コード002■サブクラスにインスタンスメソッドを加えた


class Point {
static RAD_TO_DEG: number = 180 / Math.PI;
constructor(public x: number, public y: number) {
}
getLength(): number {
var square: number = this.x * this.x + this.y * this.y;
return Math.sqrt(square);
}
getAngle(): number {
return Math.atan2(this.y, this.x);
}
static polar(length: number, angle: number): Point {
var x: number = length * Math.cos(angle);
var y: number = length * Math.sin(angle);
return new Point(x, y);
}
}
class Vector extends Point {
constructor(x: number, y: number) {
super(x, y);
}
scale(scale): void {
this.x *= scale;
this.y *= scale;
}
add(point: Point): void {
this.x += point.x;
this.y += point.y;
}
}

03 サブクラスに静的メソッドを加える

サブクラス(Vector)に静的メソッドを加えることもできます。やり方は、普通のクラスと同じです。原点(0, 0)からの距離と角度を引数に渡して、インスタンスが返されるメソッドにします。スーパークラス(Point)には、すでにこのような静的メソッド(polar())が備わっています。けれど、返されるのはスーパークラスのインスタンスですから、サブクラスのメソッドが使えません。そこで、同じ名前のつぎのような静的メソッド(polar())をサブクラスに加えました。座標計算は同じなので、スーパークラスの静的メソッドでつくったオブジェクトから取り出した座標により クラッツィオ シートカバー トヨタ レジアスエースWIDE H16/8~H24/4 KDH200/KDH201/KDH205/KDH206 クラッツィオ リアルレザー ET-0238 clazzio クラッチオ、サブクラスの新たなインスタンスをつくって返しています。


class Vector extends Point {
static polar(length: number, angle: number): Vector {
var point: Point = Point.polar(length, angle);
return new Vector(point.x, point.y);
}
}

これで、つぎのようにサブクラス(Vector)の静的メソッド(polar())でインスタンス(obj)がつくられ、サブクラスとスーパークラス(Point)どちらのメソッドも呼び出せます。TypeScriptコードは以下にまとめました(コード003)。なお、、以下にサンプル001としてjsdo.itに書いたコードを掲げてあります。


var obj: Vector = Vector.polar(0.5, Math.PI / 3);
obj.scale(2);
console.log(obj.getLength(), obj.getAngle() * Point.RAD_TO_DEG); // 1 59.99999999999999

コード003■サブクラスに静的メソッドを加えた


class Point {
static RAD_TO_DEG: number = 180 / Math.PI;
constructor(public x: number, public y: number) {
}
getLength(): number {
var square: number = this.x * this.x + this.y * this.y;
return Math.sqrt(square);
}
getAngle(): number {
return Math.atan2(this.y, this.x);
}
static polar(length: number, angle: number): Point {
var x: number = length * Math.cos(angle);
var y: number = length * Math.sin(angle);
return new Point(x, y);
}
}
class Vector extends Point {
constructor(x: number, y: number) {
super(x, y);
}
scale(scale): void {
this.x *= scale;
this.y *= scale;
}
add(point: Point): void {
this.x += point.x;
this.y += point.y;
}
static polar(length: number, angle: number): Vector {
var point: Point = Point.polar(length, angle);
return new Vector(point.x, point.y);
}
}

サンプル001■TypeScript: Definig a subclass and adding methods to it


作成者: 野中文雄
更新日: 2016年9月23日 TypeScriptのバージョンを2.0.3に更新。
作成日: 2016年9月12日


{yahoojp} {fumiononaka.com}
{yahoojp}ttrem04-zenjp3940-wl-zd-37226