>  > 【アクレ/acre】フォーミュラ800C [フロント用] 左右セット ブレーキパッド アコードワゴン CM2 などにお勧め 品番:445
KENDA Klever H/T KR50 サマータイヤ 235/50R18 WEDS WedsSport ウェッズ スポーツ SA-77R ホイールセット 4本 18インチ 18 X 8.5 +35 5穴 114.3

【アクレ/acre】フォーミュラ800C [フロント用] 左右セット ブレーキパッド アコードワゴン CM2 などにお勧め 品番:445

【アクレ/acre】フォーミュラ800C CM2 【アクレ/acre】フォーミュラ800C 品番:445 ブレーキパッド [フロント用] アコードワゴン 左右セット などにお勧め アコードワゴン

『かぐや様』感想 『ぼく勉』感想 ジャンプ感想

『ぼくたちは勉強ができない』 89話 感想( 問.89 最愛の星に[x]の名を⑤ )

さてと。週刊少年ジャンプ 2018年第52号』ぼくたちは勉強ができない 89 (ぼく勉 89話 )の感想です。

 

というわけで長きにわたった "最愛の星に[x]の名を" シリーズ,いよいよ完結編です。

 

思えば物語の初期に文乃と父との葛藤が示されから相当の時間経過があったわけですが,いよいよ親娘の修復の物語もクライマックスですよ,奥さん!

 

ぶっちゃけ僕も人の親ですからね。この最終回のエピソード,文乃視点・成幸視点で読むこともさることながら,どうやったって親としての視点で読みたくなるわけですよ。それでこんなお話ぶっこまれてきたら本当,泣きそうになるでしょ。父親視点で。

 

そんなわけで父親視点で二度泣ける今回のお話,いってみよう。

 

 

 

【アクレ/acre】フォーミュラ800C (沖縄/離島は送料別) [フロント用] 左右セット ブレーキパッド アコードワゴン フロントのみ CM2 などにお勧め 品番:445

さてまずはパスワードに関する答え合わせから。☆フォルダに意味深にかけられたパスワード,それは

 

reiji

 

だった。そのまんま夫の名前かよ!

もちろんそれには理由があるわけですが,むしろ問題なのは古橋零侍ではなかろうか。お前...自分の名前は一回も試さなかったんかい...。え,もしかして零侍アホの子?(おい)

 

回り道すぎる...

 

そもそもデスクトップ開いて最初に出ているフォルダなんて他人が見ること前提であることは明白である。にもかかわらずパスワードをかけたのは,「自分が生きているうちは伝えるつもりはないけれど」「でも死んだ後に確実に伝わるようにしておこう」という意思があるからではなかろうか。

 

であるならば,パスワードは比較的容易に推測できるものでなければならない。まあ愛する家族の名前ってのは簡単に推測できるだけに零侍や文乃ならわかるでしょと思っていた節がある。少なくとも文乃は母とのやり取りからわかっていたわけだからね。

 

 

それが証拠に「動画が見れてるなら心配ない」という言葉がそれを裏付けているよね。と同時に「二人がうまく仲良くやっていてほしい」という願いが母の動画から溢れているわけですが,ここに至るまで十年かかった現実の二人のこわばった表情が対象的でしたね。

 

母の願いと現実

 

まあ一つ分からないのは,パスワード入力に失敗したらフォルダを消去する仕掛けをつけておいた点ですけれど。静流的にはこのメッセージは二人にきちんと伝えたいものだったはずだからね。まあ第三者が覗くことを考えての措置だったのかもしれませんが...。発想が斜め上すぎる。

多分にちょっと恥ずかしかったのかな。告白内容は自分の隠してきた秘密でもあるわけですし。

 

 

 

そんな静流が隠しておきつつ,いつか伝えたいと思っていたメッセージとは。

 

あ,軽い人(明るい人)
  1. ミレニアム懸賞問題の論文なんて入っていない」
  2. 「実は数学の才能なんか全然無くて,零侍くんに褒められたかったから努力しただけだった」

 

 

でした。ほっほぉ...。

一読したときは「なんじゃそりゃ」とか思わなくもなかったわけですけれど,これはこの後の告白の流れにつながっているわけだね。

 

 

静流とは天才でもなんでもなく A-TECH/FINALSPEED GR-Volt アルミホイール 1本 フォレスター SJ系 【15×6.0J 5-100 INSET45 レッドフレアブラック】。

古橋零侍という男に惚れた,一人の「できない娘」だったというわけか...。

 

恋愛脳・静流


かつて零侍に恋をして。そんな零侍に認められたくて一生懸命数学を勉強する。高校時代の数学のテストの点数は文乃も真っ青の一桁台である。努力して努力して努力して,いつしか高等数学も解けるようなレベルに達したのは,偏に古橋零侍に褒めてもらいたい,認めてもらいたいという恋心から来たものだったという...。なんだこの恋愛脳...。

 

静流が愛する人にも秘めていた事実,それは「自分もできない娘であり,今の自分を形作ったのは努力だった(動機は恋)」という衝撃的なものだったわけでしょ...。そりゃあ古橋零侍も成幸ばりに女性化するわ...(違)

 

 

 

母と娘から零侍へのメッセージ

そんなメッセージには続きがある。

幼き文乃の声。母ともに星を見る約束をしていた文乃,そこからは文乃の夢が十年以上も前から真剣に向かい合ってきたものであることが分かる。

 

そんな文乃が見つけたかった新しい星の名前,そこにつける名前が文乃でも静流でもない自分の名前 。「レイジ」だった。

 

ふたりの最愛の人


こんなんねえ...。びっくりするでしょ。十年前の出来事以来ギクシャクしてきた娘がですよ。他ならぬ自分の名前を見つけた星につけるという。母ではなく自分というだけで一つ驚きなのに,その理由を聞いたらこんなんもう...

 

「だってだってお母さんと2人で見つけるんだもん!」

「2人の一番大好きな人の名前にしなくっちゃ!」

 

いやね。もうね。

こんなん父親が聞いたら泣いて震える言葉ですよ。かつて自分が突き放してしまった娘,自分が否定し続けた夢を追い続ける理由,最愛の妻・静流と娘・文乃が自分を愛してくれていたこと...。

 

涙が止まらない

 

最愛の星に[x]の名をの解,それが自分である知ったときの気持ちはいかに。

 

こんなものが詰まったものをぶつけられちまったらもう...泣くしかないでしょ。

十年分の想いや,自責の念や,妻や娘に対する愛情があふれ出てきてぽろぽろと涙がこぼれてしまうやつですよ。

 

 

繰り返し。繰り返し妻と娘の言葉を聴き返す零侍の胸の中やいかに...。

 

繰り返しかみしめる」


自分のしでかしてしまったもの,失ったもの,それでも自分が与えられていたもの。そんな娘と妻の愛が籠ったメッセージに,零侍の失われた十年はきっと取り戻すことができたんでしょうね。

 

 

母から娘のメッセージ

 

そんな努力の人だった静流が娘に残した言葉。自分もまた「できない子」だった母の言葉。文乃も好きなことを全力で好きにやりなさい...という。

 

 

お母さんからの言葉

 

なるほどなあ。

いや最初静流の告白を聞いた時「ええ...(何この緩いノリ)とか思わなくもなかったんですけれどね。これがこういう形できっちりと綺麗にはまってくるとなるとうぉぉ!と追わず唸らされるじゃないですか。 

 

できない子だった母が夢の実現を目指して努力で勝ちえた「天才と間違われるほどの成果」。そんな生き証人である母がいうからこそ,説得力があるわけですよねえ。

 

母と成幸の共通点

 

思うに文乃が成幸に「母」を感じているシーンが問.39と今回冒頭にあったわけですけれど,それはさもありなん。母も成幸も努力の人であり,「できない奴の味方」だったからというわけですねえ。奥が深い。

 

 

この圧倒的説得力。 自分の最愛の人からそんな風に告白されてしまっては,零侍としても何ともしがたいところがある。

 

自分の主張の根源であった「才能を活かしきれないことの喪失感」なんてものは最初からなかったわけですから。ましてそんな生き方をした尊敬する妻が,最愛の娘に対して「お母さんが許す」といっている以上,零侍としてもこれを退ける理由は最早どこにもないわけで。

 

 

取り戻した親子の絆

 

その後父娘でどんなやり取りがなされたのか,それは描かれていませんが改めて三者面談を終えて出てくる二人の表情から分かります。零侍が静流の意思を汲み取って,娘の星に対する気持ちを汲み取ってそれを認めたことが。そして二人が父娘として改めてスタートが切れたことが。

 

 

そして古橋文乃は恋に落ちた

 

しかしこの秘密の懺悔には続きがある。

それはビデオに記録されていない,文乃の心に残っているものである。

 

幼い文乃にははっきりとは伝えられない,自分の余命について。娘に悲しい想いをさせてしまうことを今から詫びながら,母はひとつの助言を遺す

 

母のもう一つの言葉

お母さんが零侍くん...お父さんを支えにいっぱい頑張れたように

文乃にもきっと...そんな素敵な人に出会える日がきっと来るから...

 

 

 

そんな母の言葉を思い出しながら文乃は言う。「大丈夫だよ,お母さん...」と。

 

母の言葉を思い出しながら,今回の出来事について思いを馳せているであろう古橋さん。十年来の父との断絶,理解し合えないと思っていた父との相互理解。母の想いと家族の絆。ついに認められた,自分の夢への挑戦

家出したときには想像もつかなかったであろう出来事は,すべて古橋さん自身が少し勇気を持って父と向かい合うことができたからである。問題の解決はあくまで文乃自身が成し遂げたことである。

 

 

しかしそのほんの少しの勇気を後押ししてくれたのは唯我成幸だった。父と話し合う勇気を持てたのも,父が一方的に拒絶しそうになった時に勇気が持てたのも,唯我成幸が応援してくれたからだった。

 

そんな想いのすべてが乗っかって,文乃は言う。

 

支えてくれてありがとう

 

ありがとう,支えてくれて

 

文字通り受け止めれば,今回の件に関する成幸の応援に対する純粋な感謝の気持ちの表れである。でもそれは違うよね。母の言葉を思い出しながら成幸に告げるその言葉の意味は。

 

この時,文乃の中で成幸は単なる教育係・できない奴のことをわかる人間として応援してくれる友達ではなくてそれ以上のものとして認識されているわけですよ。でなければ,

 

大丈夫

 

とは言わない。

成幸のことを「支えに頑張れる人」「いつか出会えるそんな素敵な人」と認識したからこそ,文乃は母の言葉に応える形で「大丈夫」だとつぶやいたわけです。その後の文乃の行為がそれを裏付ける。

 

 

 

こつん

 

昨日のお風呂場でのアレは純粋に疲れからきた無意識の寄りかかりだったけれど今度は違います。自分から意識して,唯我成幸に寄りかかりに行く。明確な意思。自分が「そうしたい」という意識を持っての行動。

 

だからだよね。

スク水風呂のときのように,疲れから寝てしまったのかと思う成幸に一言 「起きてる」と述べたのは リヤーガラス、サイドガラス 別色指定可能 エスティマ ACR50・ACR55W カット済みカーフィルム 顔料着色・断熱フィルム リヤーセット。これは自分の意志ですよと。支えてくれた成幸君にもう少し支えていてほしいから,そうしたいという気持ちがあるということを成幸に伝わるように意思表示したいから。

 

 

「母」から「恋する人」へ

 

もちろん成幸はそんな古橋さんの気持ちなんて分からない。いつものように教育係として自分ができる範囲の応援をしただけですし。文乃のいつもと違う行動に対して戸惑うしか無い。

 

 

文乃の気持ちは成幸にはきちんと伝わっていないけれど。普段と違うその行為になにかの意味をもつのかどうか分からないけれど。疲れとかそういうのではない,文乃になにかの「意志」があることだけはきちんと伝わっている。だから成幸もドキドキしているし,文乃自身もドキドキしているわけですね。

 

「もうちょっとだけ」と呟く文乃の中で彼女は何を思ったのか。成幸はどう思ったのか。

 

もう少しだけ


それは一日経てば普段どおりの二人でわからないのですけれど,文乃の中の唯我成幸という存在がこれまでと違うものになったのは間違いないでしょうね [品番:28196] グラン(GLANZ) ハードシックスブレーキローター リヤ 日産(NISSAN) ローレル SC34 93/1~96/5。 

 

そんな成幸くんに恋しちゃっているぽい古橋文乃さんが最高にお可愛かった問.89でした。 まる

 

 

余談

そう言えばいつだか関城さんに質問されていたデートするならどこ? の解としての「公園」てのは回収されているのね...。楠本公園,いつぞやのオープンキャンパス帰りの理珠を介抱した場所ですけれど,同じベンチでこっちは肩を寄せ合っちゃうかあ...。やるな成幸。

 

 

さて。

まあぶっちゃけ古橋さんは完全に成幸に恋しちゃっている風なわけですけれど,一方の成幸はというとどの程度古橋さんを恋愛的に見ているのかだなあ...。

 

次の日にはいつも通り


古橋さんの「何かの意志みたいなもの」は感じ取ったかもしれないけれど,ここまではあくまで友人として,教育係としての「支え」としての関係でしか古橋さんを扱っていないわけで,恋の対象として見るそれではない感じですからね。

 

しかしまあ,あの静流の感じからして割と静流も零侍に猛アタックかけて恋仲になった雰囲気がある。そう考えると今後の古橋さんの恋の行動がどうなるのかも気になりますね。ボールを取ったら一直線の可能性だって無きにしも非ず。とりあえずりっちゃん,うるかちゃんと恋の三者面談をしよう(←待て)

 

 

というわけで今回似てエピソードは終了。例のアジェンダのうち展開を拾った部分だけ残したのでまとめ用に残しておく。

 

 "最愛の星に[x]の名を" 今回のエピソードで回収されたこと

1.家族関係