投稿日: 投稿者: 黒川 仁

SPEEDBRAKES スピードブレークス ブレーキホース EHEAD BANJO【BRAKE HOSESEHEAD BANJO】【ヨーロッパ直輸入品】 Color:Black


Sublime Text2を使い始めてしばらくすると ウォーターポンプ テラノ LR50 用 V3-129 日立 HITACHI パロート PARAUT 車検部品 交換 ニッサン 日産 NISSAN B1010-80G0E 相当 エンジン冷却水ポンプ 冷却水、改行コードを入力したつもりで"hello¥n"と書いていて実際には改行されないということが何度もあった。

実際にはバックスラッシュを使って"hello\n"と書く必要がある。

これまで、iTerm2やiTerm2上のEmacsを使っていて全く気にならなかったのに、どうしてだろうとおもったら、iTerm2では¥キーを押しても\が表示されていたからだった。

自分で設定したのだったかデフォルトでそうなのかは記憶にない・・・

Macではバックスラッシュはoption+¥で入力できるが、最近はコードを書いていて¥を入力しなければいけないことなどあった試しはなく CCFLリング LEDフォグランプ ランディ C25系 ブルー/青 - スズキ【イカリング LEDフォグ ユニット メッキ 純正交換式 汎用設計 外装 ヘッドライト ハロゲン HID ドレスアップ】、正規表現などのエスケープの際にいちいちoptionキーを押すのは面倒くさい。

そこで、いっそのこと¥は表示されないようにしてしまえばいいと考えた。

Sublime Text 2 -> Preferences -> Keybindings - User

でキーマップの設定画面を開き、下記の行を追加する。

{ "keys": ["\u00a5"], "command": "insert", "args": {"characters": "\\"}}

\u00a5¥のUnicodeだ。

最初は\u00a5のところに¥と記述していたが 、次に設定画面を開くと文字化けていたのでこのような表記に変更した。

スピードブレークス Color:Black SPEEDBRAKES HOSESEHEAD EHEAD SPEEDBRAKES BANJO】【ヨーロッパ直輸入品】 HOSESEHEAD BANJO【BRAKE ブレーキホース