>  > 2輪 スウェッジライン プロ フロントホースキット STPB0017FS ステン/BLK JAN:4548916722662
アルファード 2.4/3.5 S フロントハーフスポイラー デザイア アフェクション

2輪 スウェッジライン プロ フロントホースキット STPB0017FS ステン/BLK JAN:4548916722662

arena8order・慧吏載地衛 帝兜(跿・徒) Catro.・
http://blog.m.livedoor.jp/arena8order/
http://blog.m.livedoor.jp/arena811order/
http://blog.goo.ne.jp/kazu8teto8yusuke/http://yaplog.jp/cannonbell/

Twittr
@arena8order

宜しくお願い致します。
<< 8 感染症の歴史 病原体が生物の体に侵入、定着・増殖して感染 | TOP | Re: ODAメールマガジン第269号 >>

フロントホースキット JAN:4548916722662 ステン/BLK STPB0017FS スウェッジライン フロントホースキット プロ 2輪 ステン/BLK

2輪 スウェッジライン プロ フロントホースキット オールステン/2WD/2000cc/タイコSP STPB0017FS ステン/BLK ] JAN:4548916722662

#ккк

フィリピン海プレート - Wikipedia
http://p219.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/0122S7Io0lyapsrA/0?_jig_=http%3A%2F%2Fja.wikipedia.org%2Fwiki%2F%25E3%2583%2595%25E3%2582%25A3%25E3%2583%25AA%25E3%2583%2594%25E3%2583%25B3%25E6%25B5%25B7%25E3%2583%2597%25E3%2583%25AC%25E3%2583%25BC%25E3%2583%2588&_jig_keyword_=%83t%83B%83%8A%83s%83%93%20%83v%83%8C%81%5B%83g&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fonesearch%3Ffr%3Dm_top_y%26p%3D%2583t%2583B%2583%258A%2583s%2583%2593%2B%2583v%2583%258C%2581%255B%2583g&_jig_source_=srch&guid=on



フィリピン海プレート


位置(左端にある赤い部分)

周辺の境界の種類と位置関係を示した拡大地図


フィリピン海プレート(フィリピンかいプレート)とは、東は小笠原海溝やマリアナ海溝、北から西にかけては南海トラフ・琉球海溝・フィリピン海溝などに囲まれた海洋プレートである。

太平洋の北西部をしめるフィリピン海が主な領域。

伊豆諸島・小笠原諸島・マリアナ諸島・ヤップ島・パラオと連なる島孤のほか、大東諸島がこのプレート上にある。

また、本州の中でも唯一伊豆半島だけがフィリピン海プレート上にある。


概要[編集]

フィリピン海プレートがユーラシアプレートに沈み込む事で、海溝型地震である東海地震(南関東~東海)、東南海地震(東海~南紀) アルファードハイブリッド ATH10W MC前後 フロントグリル 塗装済 ケンスタイル、南海地震(南紀~四国)が起きる。

1923年の関東大震災をもたらした大正関東地震も、フィリピン海プレートが北アメリカプレートに沈み込む運動に伴う地震である。

東海地震は静岡県の沖合、関東地震は神奈川県・千葉県の沖合が震源域となりうる巨大地震であり LighTech ライテック その他エンジンパーツ ボルトキット エンジン用 カラー:ブルー CBR250R (2011-)、防災上の重要性が高い。

また、関東地方の地下には北アメリカ、フィリピン海、太平洋の3つのプレートが存在しており、このように2重にプレート間地震のリスクのある地域は世界的にも少ない(他はカムチャツカ半島など)。

伊豆半島と本州との衝突(プレート同士の衝突)は現在も続いている。

丹沢山地は、フィリピン海プレート(伊豆半島)の北アメリカプレートへの衝突に伴う隆起によって形成された地形であり、衝突の現場が神縄断層である。

その露頭が、静岡県小山町付近などで見られる。

伊豆付近では地殻の浮揚性が高く、北西-南東方向の正断層が発達している他、この割れ目に沿って形成されたと考えられる火山群(伊豆東部火山群)がある。

箱根火山、富士山などはその延長線上にあり、島孤の衝突の影響を受けている。

また、このプレートの変形の影響を受けて、伊豆東方沖から小田原付近に西相模湾断裂と呼ばれるプレートの断裂帯があるとする学説もあるが、異論もある。

東京大学と防災科学技術研究所の研究グループは、2010年7月、フィリピン海プレートが、紀伊半島の西端から淡路島中部を通って鳥取市近辺へと至る地域の地下で、プレートが裂けている可能性が高いことを発表した。

断裂の結果、近畿地方の下はプレートが深く沈み込み、支えのない状態になっている。


位置関係と地質[編集]

東縁や南縁は伊豆・小笠原海溝やマリアナ海溝・ヤップ海溝であり ヨーロッパ輸入商品 ホイール関連パーツ DURA BLUE レーシングハブ (POLARIS PREDATOR除く)【DuraBlue Racing Hubs exept POLARIS Predator【ヨーロッパ直輸入品】】、南東方向から年間3 - 4cmの速度で太平洋プレートが沈み込んでいる。

この沈み込み運動により火山帯であるマリアナ諸島や小笠原諸島、伊豆諸島が生じたと考えられており V-MAX1200(85~08年) ビッグラジエーターキット シルバー ACTIVE(アクティブ)、現在も活発に活動している。

この火山帯は伊豆半島まで続いていて、活発な火山活動により伊豆地塊は密度が低い(軽い)ため、伊豆半島はフィリピン海プレート上に乗ったまま沈み込めずに、丹沢山地や富士山(フォッサマグナ、北アメリカプレート)あるいは赤石山脈(ユーラシアプレート)に激しく衝突して地形を隆起させている。

伊豆半島付近だけは陸で衝突が起こっているが、その東側の相模湾・房総南方沖では相模トラフを介して北アメリカプレートの下に沈み込んでいる。

相模トラフの東端は太平洋プレートと重なり、世界的にも数少ないT-T-T型トリプルジャンクションとなっている。

一方西側の駿河湾以西でも、駿河トラフや南海トラフを介してユーラシアプレートの下に沈み込んでいる。

更に西側には琉球海溝があり、この付近ではフィリピン海プレートの沈み込みによって沖縄トラフと呼ばれる背弧海盆が拡大しており、南西諸島を東シナ海の大陸棚から少しずつ引き離している。

背弧海盆はマリアナ諸島の東側でも活動している。

琉球海溝の西端である台湾付近からルソン島北西沖では、逆にユーラシアプレートがフィリピン海プレートの下に沈み込むという複雑な構造となっている。

台湾付近では沈み込むというよりも、ユーラシアプレートの上に乗り上げる形で激しく衝突し台湾山脈を形成している一方、ルソン島北西沖ではルソン海溝を介してユーラシアプレートが西から沈み込んでいる。

しかし、ルソン海溝は比較的短く bB  トランクマット 純正互換 内装パーツ トランクフロアマット カーマット ラゲッジマット 荷室 トランクスペース ラゲッジスペース 汚れ防止 ループ生地 黒 室内アイテム カーアイテム 内装パーツ マット チェック 柄 チェッカーフラッグ スポーツ オシャレ、その境界線はやがてルソン島を横断するトランスフォーム断層へとつながり 、今度はルソン島南東沖のフィリピン海溝を介して今度はフィリピン海プレートが東から沈み込んでいる。

フィリピン海溝はニューギニア島北西端のバーズヘッド半島沖まで続き、ここで太平洋プレートとのトリプルジャンクションとなり、パラオ付近の発散型境界とみられる部分、そしてヤップ海溝へと連なる。

漸新世-中新世中期ごろには東縁で活発な火山活動があり、一千万年以上かけて背弧海盆である四国・パレスベラ海盆が形成された。

九州・パラオ海嶺は伊豆・小笠原・マリアナ弧が海盆形成によって分断された名残であると考えられている。


脚注[編集]

^ 日本経済新聞2010年7月9日

^ 日本地震学会ニュースレター VOL.22 No.5 表紙日本地震学会、2010年1月10日発行。

^ 「関東・伊豆小笠原」, 貝塚ほか, 東京大学出版会 (2000), p.6


参考文献[編集]

伊豆半島をめぐる現在の地学的状況 小山真人、伊豆半島の火山―その生い立ち・現在・未来

「伊豆の衝突と神奈川県西部の地震・火山テクトニクス」講演要旨集石橋克彦

台湾の地質構造

地学II 2-2-2 日本列島の歴史啓林館


関連項目[編集]

マリアナプレート- フィリピン海プレートに属する小プレート

日本列島

伊豆・小笠原海溝

伊豆・小笠原・マリアナ島弧

相模トラフ

駿河トラフ

南海トラフ

琉球海溝

フィリピン海溝


外部リンク[編集]

丹沢皆瀬川フィールドワーク(神奈川県立生命の星・地球博物館主催観察会)- 神縄断層の写真と解説


プレートテクトニクス

理論

大陸移動説-アイソスタシー-マントル対流説-海洋底拡大説-プルームテクトニクス


地球の内部構造

地殻-マントル(上部マントル・下部マントル) -コア(外核・内核) //リソスフェア(プレート) -アセノスフェア-メソスフェア


プレート境界

発散型 :海嶺//収束型 :沈み込み帯(海溝-トラフ) // トランスフォーム型 :トランスフォーム断層


地殻変動

地震-すべり-褶曲-断層-地溝-地塁-断裂帯-構造線-付加体-造山運動-マグマ-火山-噴火-ホットスポット


プレート

ユーラシア

アムール-揚子江-沖縄-スンダ-ビルマ-モルッカ海-バンダ海-ティモール-アナトリア-エーゲ海


フィリピン海

マリアナ


太平洋

カロライナ-北ビスマルク-南ビスマルク-マヌス-フツナ-バルモーラル暗礁-コンウェイ暗礁-ニューヘブリデス-関東フラグメント


北アメリカ

オホーツク-ベーリング


カリブ

パナマ


ココス

ファンデフカ-リベラ


南アメリカ

スコシア-サンドウィッチ-シェトランド-アルティプラーノ-北アンデス


ナスカ

ガラパゴス-イースター-ファン・フェルナンデス


南極

-


アフリカ

ソマリア


アラビア

-


インド・オーストラリア

インド-オーストラリア-ケルマデック-トンガ-ニウアフォ-バーズヘッド-モルッカ海-ウッドラーク-ソロモン海


トピックス

超大陸

ヌーナ-ローレンシア-コロンビア-パノティア-ロディニア-パンゲア-ゴンドワナ-ローラシア-ユーラメリカ-アフロ・ユーラシア-アメリカ-アメイジア-パンゲア・ウルティマ


古海洋

パンサラッサ-テチス海-イアペトゥス海


古期地殻変動

カレドニア造山帯-ヘルシニア造山帯-ウラル造山帯-中央アジア造山帯-タスマン造山帯-アパラチア造山帯-インド大陸-洪水玄武岩


主要なプレート境界

発散型 :大西洋中央海嶺-南東インド洋海嶺-インド洋中央海嶺-南西インド洋海嶺-太平洋南極海嶺-東太平洋海嶺-大地溝帯

…その他//収束型 :ペルー・チリ海溝-中央アメリカ海溝-カスケード沈み込み帯-アリューシャン海溝-千島・カムチャッカ海溝-日本海溝-伊豆・小笠原海溝-マリアナ海溝-相模トラフ-南海トラフ-琉球海溝-フィリピン海溝-トンガ海溝-ケルマデック海溝-ジャワ海溝-プエルトリコ海溝-サウスサンドウィッチ海溝

…その他//環太平洋造山帯-アルプス・ヒマラヤ造山帯


Category:プレートテクトニクス/プロジェクト:地球科学/Portal:地球科学


日本の地質

地殻

プレート

ユーラシア( ・アムール ・ 揚子江 ・ 沖縄) ・ 北アメリカ( ・ オホーツク) ・ 太平洋( ・ 関東フラグ) ・ フィリピン海( ・ マリアナ)


プレート境界・

断層・構造線

海溝:千島カムチャツカ ・ 日本 ・ 伊豆小笠原 ・ 相模トラフ ・ 駿河トラフ ・ 南海トラフ ・ 琉球

地溝帯:フォッサマグナ ・ 沖縄トラフ ・ 別府島原地溝帯

構造線:中央 ・ 糸魚川静岡 ・ 新発田小出 ・ 柏崎千葉 ・ 棚倉 ・ 仏像 ・ 畑川 ・ 網走 ・ 臼杵八代 ・ 敦賀湾伊勢湾

歪集中帯:日本海東縁 ・ 新潟-神戸


断層一覧


地質

構造帯・地層

渡島帯 ・ 礼文・樺戸帯 ・ 空知・蝦夷帯 ・ 日高帯 ・ 常呂帯 ・ 根室帯

上越帯 ・ 足尾・八溝帯 ・ 阿武隈帯 ・ 南部北上帯 ・ 北部北上帯

丹沢帯

隠岐帯 ・ 飛騨帯 ・ 飛騨外縁帯 ・ 三郡帯 ・ 秋吉帯 ・ 舞鶴帯 ・ 超丹波帯 ・ 丹波帯 ・ 美濃帯 ・ 領家帯 ・ 三波川帯 ・ 秩父帯 ・ 黒瀬川帯 ・ 四万十帯

対馬帯 ・ 西彼杵帯

八重山層群 ・ 宮良層群 ・ 島尻層群 ・ 琉球層群


考え方

東北日本-西南日本


島弧

日本列島系:千島弧 ・本州弧 ・ 琉球弧

フィリピン海:伊豆・小笠原弧 ・ 九州・パラオ海嶺 ・ 日本海:大和堆


一覧
地質・鉱物天然記念物一覧 ・日本の地質百選


カテゴリ:日本の地形

http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=フィリピン海プレート&oldid=49632286」から取得

カテゴリ:
プレート
太平洋の地形
フィリピン海

、琉球、南海トラフ等">
posted by arena8order at 17:46| Comment(0) | 日記 | |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

検索
 
{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-22360