>  > マナレイ ユーロスピードG10 4本セット ホイール IS F【18×8J 5-114 INSET45】20系 MANARAY SPORT EuroSpeed マナレイスポーツ MiD アルミホイール 4枚 1台分【店頭受取対応商品】
DIXCEL (ディクセル) フロント ブレーキローター PD 2612411 フィアット 500/500C/500S (CINQUECENTO) 31209 11/03~ TwinAir 0.9 TURBO
<< 路線バス乗りつぶし 西武バス編 その10 | main | 路線バス乗りつぶし 神奈中バス編 その7 >>
2011.12.08 Thursday

マナレイ ユーロスピードG10 4本セット ホイール IS CB250RS、CB250RSZ F【18×8J 5-114 INSET45】20系 MANARAY SPORT EuroSpeed マナレイスポーツ MiD アルミホイール 定員 4枚 1台分【店頭受取対応商品】

0

    ●東京都交通局 飯62 小滝橋車庫前→都営飯田橋駅前


     「都営バス編その11」でも訪れた「小滝橋車庫前」にまたやってきました。今回乗車したのは、ここから都営地下鉄大江戸線「都営飯田橋駅前」とを結ぶ「飯62」系統です。この系統は2002年2月に開設された比較的新しい路線ですが、開設時には平日22往復設定されたものの、利用者が少なかったのか、現在は平日8往復・土休日6往復という、山手線内を走る都営バス路線のなかでも乗車難易度がやや高いものになってしまいました。

     乗車したのは小滝橋車庫前14時50分発の便で、これは8便中の7便目になります。発車時刻の1分前に大型のいすゞエルガ・ノンステップ車が据え付けられ、乗り場には数名の乗客が待っていましたが、わずかな運行回数の「飯62」系統に乗車したのは、そのうちの4名だけでした。まだまだ明るい時間帯ですが、行先標示には「終前」を示す緑色の枠が付いていました。
     
     発車すると車庫を左に出て、小滝橋交差点では前回は高田馬場方面へ直進しましたが、今回は新宿駅方面に向かう斜め右方向の小滝橋通りへ進路を取りました。もともと小滝橋通りは関東バスだけが通っていた区間で、この「飯62」系統開設と同時に、「新橋駅前」とを結んでいる「橋63」系統も路線延長したものです。それまでの「橋63」系統は「新橋駅前~大久保駅前」間の運行で、永らく「大久保駅前~小滝橋車庫」間は回送となっていました。ちなみに関東バスとの並行区間には「新宿消防署前」というバス停が一か所設けられていて、ポールも二者共用となっています。

     中央卸売市場淀橋市場の脇を過ぎ、JR中央線をくぐって、北新宿一丁目交差点で大久保通りへ左折。あとは都営バスの単独区間で、特にこの「飯62」系統は飯田橋交差点までほぼ一本道です。大久保通りでの最初のバス停が中央線と接続する「大久保駅前」で、早速ここで4分間時間調整があり、実質ここが起点のようになっています。この間に5名の乗車がありました。
     ここから「国立国際医療研究センター」付近までは当ブログ「都営バス編その10」で乗車した「橋63・統計局急行」と同じルートです。大久保駅周辺は道幅もそれほど広くもないのに、店舗が密集していることもあって、両側には路上駐車が目立ち、歩行者や自転車も輻輳していて、バスは大変走りにくそうです。大久保周辺は良くも悪くも多国籍な街並みとして有名ですが、路上駐車の多さや無秩序に走り回る自転車が多いのも、それぞれのお国柄を象徴しているような感じがします。

     山手線と接続する「新大久保駅前」では6名が乗車。ここから「大久保通り」バス停付近までは韓国系の飲食店が目立ち、特に昨今の韓流ブームによってK-POP関連のグッズショップが多くなっていて、ハングル文字の看板があちこちに溢れています。
     
     バスの利用者は高齢者が主体で、駅から短距離の利用が多く、早速次の「大久保二丁目」から各バス停で降車が続きます。そういった利用が多いことを想定しているのか、運行ダイヤにはかなり余裕を持たせてあるようで、この日は特に道路混雑もなかったため、途中数か所のバス停で1~2分程度調整しながら進んでいきました。

     「新宿ここ・から広場」バス停を過ぎると右手にあるのが「総務省統計局」で SWAGE-LINE スウェッジライン フロント ブレーキホースキット ホースの長さ:100mmロング ホースカラー:ブラックスモーク ZZ(ジーツー)(00-04)、「橋63・統計局急行」ではその敷地に入ったところが終点です。
     そして、「国立国際医療研究センター」バス停で1名が降り、入れ替わりに2名乗車。いずれにしても高齢者の方々でした。
     「若松町」から先は道路の真下を都営大江戸線が並行。2000年12月に同線が全線開業した際、路線バスへの影響は必至ということで、当時都営バスは大幅な路線再編を実施しました。その際に路線の大半を並行することになる「秋76・新宿車庫前~新宿駅西口~若松町~飯田橋~秋葉原駅前」線を廃止したのですが、これによって「牛込北町」以東では路線バスを失うことになりました。しかし、その沿線には「東京厚生年金病院」があったため、直接の交通手段を失った利用者は新宿区を通して東京都へ要請を行ない、「秋76」系統廃止から約2年後にこの「飯62」系統が開設され 【2017年製】 185/70R14 ブリヂストン ブリザック VRX2 スタッドレスタイヤ ホイールセット 4本 BRIDGESTONE BLIZZAK VRX2 ザインSV 14-5.5J 車種例 ノート フリード カローラアクシオ、路線バスが奇跡の復活を遂げたのだそうです。しかし、開設時から見ると、結局減便の道を辿っているため、この「飯62」系統のルートは利用者の求めたものとは少し違っていたのかもしれません。

     都営大江戸線と最初に接続するのが「牛込柳町駅前」バス停ですが、このバス停の周辺では少し変わったことがあります。それは上下のバス停のすぐそばに外苑東通りと交わる市谷柳町交差点があるのですが、バスに乗って前方を見ていると、その交差点から150mほど手前に信号機と停止線があって、ほとんどのクルマはその離れた停止線で信号待ちをするのです。その停止線の位置には特に交わる道路や横断歩道もないので、これを初めて見たあとで疑問に思って調べてみたところ、つまりこんな話でした・・・・。

     市谷柳町交差点が窪地に位置しており、ちょうどその底になる部分でクルマが停車することによって、排気ガスが篭ってしまい、これが周辺住民の健康問題に発展したために坂の上の方へ停止線を設けた・・・・・。

     ・・・・・そんな理由があるそうです。この対策自体はかなり古くから行われており、現在の排ガス規制ではその必要性も薄れている気がしますが、当時は自動車の燃料に有鉛ガソリンが使われていたために、大気汚染はそれほど深刻なものだったようです。
     また「牛込柳町駅前」バス停はその停止線の先にあるため、バスが停車中にバックミラーを見ていたら、信号待ちのクルマは遥か後方で待機し、交差点とバス停の周囲にはクルマが一台もいない、という奇妙なシーンが展開するのです。

    ↓(左)飯田橋方向の信号機と停止線。交差点はもうひとつ奥の信号のところです。
     (右)対向車線も交差点から遥か後方で信号待ち。
     
     さて、そんな変わった交差点を通り過ぎ、「牛込北町」バス停で「橋63」系統は右に折れ、あとは終点まで「飯62」系統の単独区間で、「秋76」系統廃止から2年ほどブランクのあった区間です。車内に残っているのは私を含め5名でしたが、これらの方々も「厚生年金病院前」バス停までに少しずつ降りていかれ、それ以降は2名だけでした。「牛込神楽坂駅前」バス停で降りれば、名の知れた飲食店が集まり、多くの人々で賑わう神楽坂商店街へ行くにも便利ですが、やはりまともに地下鉄が並行していると利用者も限られてしまうのかもしれません。
     
     再び中央線と接続する「飯田橋」バス停では乗降なく、時間調整だけして発車。

     飯田橋交差点で外堀通りへ左折しますが、すぐに信号のない丁字路を左折して、続いて右折した路地裏のようなところが終点の「都営飯田橋駅前」です。ここは「秋76」系統の時代から存在しており、当時は「飯田橋終点」という停留所名で、単に折り返しのためだけにあるような場所でした。ここまでの所要時間は40分、運賃は都区内均一の200円、乗客は私を含め2名でした。


    運行形態:C、路線図掲載:◯、乗車難易度:★★☆☆


    ●東京都交通局 劇04 国立劇場→渋谷駅前

    【送料無料】 LEDバルブ 車検対応 スズキ スイフト H4 バルブ 左右セット 純正バルブ交換 高輝度 ヘッドライト 用 Hi/Low hi-low 切替 6000K 車 車用 車検部品 車検 SUZUKI 【即納】
     次に乗車したのは千代田区隼町、都営バス「三宅坂」バス停の脇にある「国立劇場」から「渋谷駅前」とを結ぶ「劇04」系統です。これは「劇場バス」と呼ばれるもので、国立劇場で公演される演劇や歌舞伎などの終演後にJR各駅に観客を運ぶためのもので、すでに昭和40年代初頭から運行されている伝統的なものです。かつては今のように地下鉄網が発達していなかったため、国立劇場のほか、昭和30年代には「歌舞伎座」や「明治座」「新橋演舞場」「帝国劇場」などからの運行もあったそうですが 【送料無料】 165/55R15 15インチ TOPY トピー ディルーチェ DX10 4.5J 4.50-15 DUNLOP ダンロップ エナセーブ EC204 サマータイヤ ホイール4本セット、現在はこの「国立劇場」からの運行だけとなっています。
     「劇場バス」はいずれも終演後の駅方向のみの運行で、今回乗車した「渋谷駅前」行きのほか、「劇03・東京駅丸の内南口」「劇02・新橋駅前」「劇05・新宿駅西口」行きの計4系統があります。いずれも観客の輸送を目的としていますが、営業上では一般系統と同じで運賃は200円、一日乗車券や定期券、東京都シルバーパスなどでも乗車することができます。

     乗車した当日は計5台のバスが配車され、このうち2台が「東京駅」行きで、あとは各1台がそれ以外の行き先でした。乗り場は国立劇場の構内のいわゆる車寄せからで、特に行先案内や発車時刻の表示はなく、終演直後に劇場側の指示で乗車扱いを始め、発車の指示もそれに従う方法のため、運行時刻は毎回流動的で、また公演内容によって必ずしも運行されるわけではなく、事前の運行告知などもないので、それだけに乗車する機会が限られた、捕捉が難しい路線となっています。
     今回「劇04」系統を選んだ理由は、他の行き先では何らかの形で一般系統が並行しているのですが、この系統では単独区間が長く、今は廃止されてしまった路線をも辿ることができるからです。

     この日「渋谷駅前」行きに充当されていたのは大型の三菱エアロスター・ノンステップ車で、基本的にはルートによって担当する営業所も決まっており、「劇04」系統は渋谷営業所の運行です。
     
     当便よりも前に発車していった「劇05」系統のバスは座席が埋まり、そこそこに立ち客がいる程度の乗車率でしたが、この「渋谷駅前」行きではちょうどすべての座席が埋まる程度(約25名)でした。客層は高齢者が多いので、席に座れないことが分かると乗車を見送って地下鉄などに流れていく方もありました。今は劇場の近くに地下鉄半蔵門線の半蔵門駅ができたこともあって、バスがあると言っても、すべての観客が利用するわけでもなく、終演5~15分後にはほとんどのバスは出て行ってしまいます。

     発車すると、直前に出た新宿駅行きは前を通る国道20号線(内堀通り)を左に出ていきましたが、渋谷駅・東京駅・新橋駅行きでは右に出ていきます。少しだけ皇居の脇を走って、三宅坂交差点で右折すると、あとは国道246号線(青山通り)を道なりに進んでいきます。
     ちなみに音声合成による車内放送も用意されており、一般系統では『毎度、ご乗車いただきありがとうございます・・・・』というところで、このバスでは『本日はご観劇いだだきありがとうございました・・・・』という文言になるのが劇場バスらしいところです。

     三宅坂交差点から南青山五丁目交差点にかけては都営バスではほとんど並行系統のない単独区間になりますが、2000年12月までは「茶81・渋谷駅前~御茶ノ水駅前(順天堂病院前)」線が「平河町~渋谷駅前」間で全く同じルートを通っており、渋谷方向についてはその後も各バス停は撤去されることなく、この「劇04」系統の降車専用バス停として使用しています。従って「劇04」系統は急行や直行便ではなく、「平河町」から「渋谷二丁目」まで降車ボタンを押せば途中の各バス停で降りることができます。
     赤坂見附交差点は陸橋で越えていきますが、これも「茶81」系統のときと同じです。
     
     皇族方がお暮しになる赤坂御用地の脇を通り、広々とした青山通りを走行しますが、現在は都営バスに代わって港区コミュニティバス「ちぃばす・赤坂ルート」や、渋谷区コミュニティバス「ハチ公バス・神宮の杜ルート」が通っていて、「劇04」系統との並行区間では従来の都営バス停と同じところにも停まります。それらのバス停ではバスを待つ人の姿がありましたが、そこに突如現われた都営バスに不思議そうな目で見送っていました。
     そして「青山一丁目駅前」バス停で1名下車がありましたが、途中で降車があったのはここだけでした。このバス停は通常は「品97・品川駅前~新宿駅西口」線のうち、休日の夜1便だけ設定されている「青山一丁目駅前」折返便の始発バス停としても使用しているので、このポールには「降車専用」という文字は見当たりません。

     本田技研本社前を過ぎると表参道交差点付近まで渋滞となり、特に左車線の流れが悪かったのですが、当便では途中バス停が設定されているために中央車線に移ることができず、ここで少々時間を要してしまいました。廃止された「茶81」系統もこの青山通りでの渋滞が激しかったがゆえに、徐々に運行回数を減らし、最終的には都営地下鉄大江戸線が全線開業した時点で命脈が尽きてしまいました。青山通りをはじめ、銀座の中央通りなど、華やかな街並みから次々と都営バスが消えていったのもちょうどその頃でした。この日はそんなオシャレな店が建ち並び、クリスマスイルミネーションも始まった青山通りを都営バスの車窓からのんびりと眺めることができました。
     
     都営バスの一般系統には「表参道」というバス停はあっても「表参道駅前」というバス停は「劇04」系統だけのもので、地下鉄では乗降客の大変多い一大ターミナル駅ですが、現在の都営バスでは路線図にも載らないマイナーなバス停です。
     そこを過ぎれば渋滞も終わり、南青山五丁目交差点からは「渋88・渋谷駅前~新橋駅前」線と当ブログ「都営バス編その11」で乗車した「都01」系統が並行、バス停も共通です。
     あとは金王坂を下り、渋谷署前交差点と渋谷駅東口交差点を曲がれば、終点「渋谷駅前」に到着。降車場も同駅に到着する各系統と同じ場所で、客を降ろしたあとは入庫便の「渋谷車庫」行きとなって駅をあとにしていきました。なお、ここまでこの日の所要時間は28分でした。


    運行形態:D、路線図掲載:×、乗車難易度:★★★★(不定期運行)


    ●(番外)東京都交通局 (実証運行) 豊洲駅前→東京ビッグサイト

     
     2011年12月2日から18日にかけ、東京・有明にある東京国際展示場「東京ビッグサイト」にて開催されている「第42回東京モーターショー2011」ならびに「エコプロダクツ2011」に合わせ、東京メトロ有楽町線と新交通「ゆりかもめ」が乗り入れている「豊洲駅前」と「東京ビッグサイト」の間で、「非接触給電ハイブリッドバス」の実験運行が行われました。この種のバスの実験運行は今回が初めてではなく、2009~10年度にも「都05・東京駅丸の内南口~晴海埠頭」線において営業運行が行われていますが、今回は東京ビッグサイトでのイベントに合わせ、自動車メーカーが主体となった貸切扱いの無料運行となりました。

     今回乗車したのは実験4日目となる平日の豊洲駅前9時50分発の便で、これは4便設定されているうちの1便目となります。乗り場は晴海通り沿いに設けられた「豊洲駅バスターミナル」ですが 、特に乗り場を示すポールや看板等は用意されておらず、地面に埋め込まれた充電コイルと、そこに引かれた停車位置を示す路面標示があるだけです。また、運賃は無料ですが、乗車にあたってはアンケート用紙を兼ねた整理券が必要で、乗り場に配置された係員へ申し出ることにより、それを受け取ることができます。
     
     発車時刻の8分ほど前に、運行を担当する都営バス深川営業所から見慣れない奇抜なデザインのバスが回送されてきました。これが今回乗車するバスで、日野+J-BUS製ですが、セレガでもブルーリボンでもない、まるでモーターショーのコンセプトカーそのものと言えるようなスタイルです。しかし、この車体は前回実証運行したときの車両を大改造したものだそうです。昨年度の実験運行では一般路線での営業運行だったため、カラーリングも都営バスの塗色に合わせたラッピングを施していましたが、今回は貸切運行のため、

    マナレイ ユーロスピードG10 4本セット ホイール IS F【18×8J 5-114 INSET45】20系 MANARAY SPORT EuroSpeed マナレイスポーツ MiD アルミホイール 4枚 1台分【店頭受取対応商品】

    60/65 VOXY その他 外装品【ハセプロ】VOXY AZR60系 (2001.11~2007.5) マジカルカーボン ピラーセット カラー:レッド, テールライト For 92-95 Civic 3DR Black Halo LED Projector Headlights+Red Clear Tail Lamps 92-95シビック3DRブラックハローLEDプロジェクターヘッドライト+レッドクリアテールランプ, [LTN0005P] RSR ラテラルロッド デイズ B21W 25/8~ 3B20, YOKOHAMA ヨコハマ ジオランダー GEOLANDAR SUV G055 225/65R16 100H RBL(タイヤ単品1本価格), [Weather Tech・直輸入正規品]Lexus(レクサス)ES2002-2006年ウェザーテック ウィンドウディフレクター(ウィンドーバイザー/サイドバイザー) 【マラソン!全品2倍以上&特別クーポン!】Omega/オメガ ギアオイル 690 for 86&BRZ 20L, 【メーカー在庫あり】 NTN(株) NTN 自動調心ころ軸受 22312EAD1C3 HD, 加藤製作所【56102】〈215/80R15〉 スチールタイヤチェーン(ラダー/ハシゴ型) プラケース・ゴムバンド入り [EP-10], DIXCEL(ディクセル)【W124 (WAGON) 320TE/E320 型式:124092 年式:92~96/6 車台番号→F242721】 ブレーキディスクローター(スリットタイプ/リア用), ACRE ブレーキパッド ■アクレ ダストレスリアル フロント 【品番:219】 日産 セフィーロ・セフィーロワゴン PA33 00.12~01.3 適合修正 HANKOOK ハンコック ventusV12evo2 ベンタス K120 サマータイヤ 185/55R15 ブリヂストン ECOFORM エコフォルム CRS12 ホイールセット 4本 15インチ 15 X 5.5 +52 4穴 100

    マナレイ ユーロスピードG10 4本セット ホイール IS F【18×8J 5-114 INSET45】20系 MANARAY SPORT EuroSpeed マナレイスポーツ MiD アルミホイール 4枚 1台分【店頭受取対応商品】:【最低でも5倍】 ブレーキパッド 低ダスト BMWE46 カブリオレ CABRIOLET 323Ci■ リアセット■ 型式 AM25■ 年式 95/3~00/07■ LP1423■ 送料無料税込【smtb-F】 【新品 激安 4本セット】215/65R15 【なんと4本総額 16,240円】サンワイド(SUNWIDE) ROLIT6タイヤ サマータイヤ

    マナレイ ユーロスピードG10 4本セット ホイール IS F【18×8J 5-114 INSET45】20系 MANARAY SPORT EuroSpeed マナレイスポーツ MiD アルミホイール 4枚 1台分【店頭受取対応商品】.クラッツィオ クラッツィオ センターレザー ホンダ ステップワゴン RF1 / RF2 H8(1996)/5~H13(2001)/3 Clazzioシートカバー1台分 【D738】シフォン [H28/12-][LA600F / LA610F] カジュアルエスライン ライトグレー Bellezza ベレッツァ シートカバー

    【メーカー在庫あり】 ホンダ純正 ガーニッシュ スクリーン NHA66P パールサンビームホワイト 64120-KVZ-630ZJ JP店 HONDA ホンダ NWGN N-WGN エヌワゴン ホンダ純正 インテリアパネル インストルメントパネル部 アプリコット 2016.6~次モデル 08Z03-E3E-BA0A

    、前面に東京都のイチョウマークと、みんくるのステッカー、そして「S-W777」という都営バス局番が貼り付けられているだけです。一応乗車口には運賃箱も設置されていましたが、それはダミーでした。また、営業用登録ナンバーも取得しています。
      【 BRIGHTZ デイズルークス B21A メッキドアミラーカバー Bタイプ 】 【 MIR-SID-099 】 デーズルークス デエズルークス デエズルークス デエーズルークス デェーズルークス
     平日の朝方ということもあって、まだ会場へ向かう人も少なく、整理券を手にしていたのは私を含め6名、ほかに関係者と思われる2名だけでした。

     定刻通りに豊洲駅前をあとにします。
     バスターミナルは現在のところ、晴海通りの銀座方向にしか出られないため オリジナル フロアマット エコノミー NISSAN 日産 スカイライン クーペ (2ドア) (2WD) 年式 H5/8~H10/5 [スカイライン 3] 車種別 カーマット 床 車、まず左折して晴海通りを走行。走り出すと軽い駆動音がしますが、全般的には大変静かで、信号停車時などはアイドリング音もなく、車内はほぼ無音です。また運転席との仕切りにはバスの走行状態を示すディスプレイが付いています。

     このハイブリッドバスは通常走行時はモーターで走行し、高負荷時や異常時には小排気量ディーゼルエンジンがアシストする仕組みで、EVモードでフル充電時に約15km、ディーゼルエンジン併用なら約300kmの走行が可能とのことです。

     そして、次のららぽーと豊洲前の交差点を左折しますが、その道はかつて貨物線だった東京都港湾局専用線(深川線)の廃線跡です。ここは通常路線バスも通らない区間で、あるとすれば大きな催事のときに豊洲駅発着の臨時急行バスが通る位でしょうか。
     
     そのまま道なりに進んで、豊洲埠頭前交差点で都道・豊洲有明線へ右折すると、あとは「急行06・森下駅前~日本科学未来館」線と同じルートを辿り、道路の真上を行く「ゆりかもめ」ともほぼ全線並行します。
     
     その途中に「市場前」という駅がありますが、将来的には中央卸売市場、つまり現在の築地市場がこの地に移転してくる計画です。
     この日は天候にも恵まれ、レインボーブリッジと雪をかぶった富士山を望むことができました。有明北橋で東雲運河を渡ると有明地区に入り、有明コロシアム東交差点では「海01・門前仲町~東京テレポート駅前」線、「東16・東京駅八重洲口~東京ビッグサイト」線が交差しますが、当便はそのまま直進。有明中央橋で国道357号線(東京湾岸道路)と首都高速湾岸線を跨ぎます。
      【エスペリア】TOYOTA ウィッシュ WISH ZGE20 21 22 25系 スーパーダウンサス ZGE20W 2ZR-FAE H24/4~ 2WD 1.8L 後期 / 1.8S / 1.8A フロント
     右手に東京臨海高速鉄道りんかい線「国際展示場駅」があり、その先「門19・虹01」系統が停車する「癌研有明病院前」バス停付近から道路混雑が始まります。もともと海上コンテナトレーラーや、お台場へ向かうクルマなどで交通量の多い区間ですが、特にモーターショーの関係もあって、地方ナンバーのマイカーも多数並んでいました。全区間の所要時間のなかで最も時間を要してしまったのはこの周辺でしたが、実験ではこんな渋滞走行もテストケースとして必要かもしれません。

     何度か信号待ちをして、東京ビッグサイト前交差点を右折。続いて東京ビッグサイト正門交差点を左折すれば、間もなく終点の「東京ビッグサイト」に到着となります。やや混雑した区間があったものの ササキスポーツクラブ Sasaki sports club フルエキゾーストマフラー 焼き色:無し F800S F800ST、計画上の所要時間20分に対し、実際に要したのは16分でした。

     降車後、せっかくなので車内や充電シーンも見ておきました。
     充電用のコイルは両端のバス乗り場に設置されているのですが、実験運行とは言うものの、そのコイルをわざわざ地面に埋め込んであり、それを脇の歩道上に仮設された発電機から給電します。現在のところ、バスの停車位置合わせはなかなかシビアな様子で、このあたりは乗務員氏の経験と慣れを要する部分ですが、今回は運転席からモニターによって位置の確認ができるそうです。

     アンケートではこの充電に要する時間をどの程度まで許容できるか、という質問が主だったのですが、むしろそれは導入後に事業者側の判断で行われるべきであり、それよりも課題はやはりインフラ整備と、導入コスト、最後は社会全体の関心度の高まり、そんなところではないでしょうか。
    フロントフォークガード(Mサイズ) チタン製 ZRX1200 DAEG K-FACTORY(ケイファクトリー)
     バスを降りてモーターショーのゲートに向かってみれば、クルマが売れなくなった・・・・・とはよく言われているものの、平日にも関わらずかなりの人出。しかし、これだけの来場者があるにも関わらず30分後に出ていったその日最初の豊洲駅行き実験バスは乗客ゼロで発車。乗車は無料なので、猫も杓子も乗せるというわけにはいかないのかもしれませんが、バスの技術としては革新的なものなので、もう少し多くの人の目に触れさせて関心を集めることも必要なのではないかと思います。
     


    ※豊洲駅前発車時刻(乗車日基準・変更の場合あり)
    9:50,11:04,14:32,15:46
    ※東京ビッグサイト発車時刻(同上)
    10:40,11:54,1408,15:22,16:36


    運行形態:D+F、路線図掲載:×、

    マナレイ ユーロスピードG10 4本セット ホイール IS F【18×8J 5-114 INSET45】20系 MANARAY SPORT EuroSpeed マナレイスポーツ MiD アルミホイール 4枚 1台分【店頭受取対応商品】

    、乗車難易度:★★★★(実験運行)

     

    Calendar
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930    
    << April 2019 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Profile
    Search this site.
    {yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-3031