DirectX11, プログラム

D3DPreprocessでプリプロセス

1件のコメント

スクリプトやテキストデータを記述する際、Cプリプロセッサの機能があればかなり便利になります。しかし、それを実装するのは大変です。コンパイラ付属のプリプロセッサは入出力がファイルなので使い勝手がわるい。何かないか探していたところDirectxのシェーダコンパイラ関連の関数にD3DPreprocessというものを発見、使ってみる。

(まとめ) アンテナ延長コード 2070 【×10セット】_送料無料激安2016特集

D3DPreprocess(MSDN)
1
2
3
4
5
6
7
8
9
HRESULT D3DPreprocess(
  in   LPCVOID pSrcData,
  in   SIZE_T SrcDataSize,
  in   LPCSTR pSourceName,
  in   const D3D_SHADER_MACRO *pDefines,
  in   ID3DInclude pInclude,
  out  ID3DBlob *ppCodeText,
  out  ID3DBlob *ppErrorMsgs
);

HLSLコード用のプリプロセッサですが、スクリプトなどにも使えそうです。ファイルではなくデータ(メモリ)を指定します ★送料無料★(一部離島等除く) 【DA16T キャリイ ジェイネクスト】キャリー DA16T プレミアムドアノブカバー&ルーフサイドグリップカバー ブラック×レモンイエロー ヘッドライト 06-08 BMW E90 3-Series 4Dr Black DRL Halo LED Signal Projector Headlights 06-08 BMW E90 3シリーズ4DrブラックDRL Halo LEDシグナルプロジェクターヘッドライト。引数には処理するデータのほかに、ID3DBlobで結果受け取り、/Dオプションに相当するD3D_SHADER_MACRO、そして#include処理を行うインターフェイスを指定します。

include処理のインターフェイス定義

#includeでのファイル読み込み処理を実装するインターフェイス(クラス)を指定します。プリプロセッサオプション/Iに相当する機能はD3DPreprocessにないためこのクラスで実装します。D3D_COMPILE_STANDARD_FILE_INCLUDEを指定するとデフォルトのinclude処理(カレントディレクトリとpSourceNameのディレクトリの検索)。

プリプロセス結果
コメント除去、include展開、define置き換えが行われます。それとプリプロセス前の行数とincludeしたファイル名がわかるように#lineが追加されます。スクリプトの解析などでエラー発生場所を特定できます(プリプロセス後の行数では発生場所がわからない)。
1
2
3
4
#line 6 "test.h"
 
lineからの行数でプリプロセス前のファイルと行数がわかる
ここはtest.hの8行目

サンプルコード

includeインターフェイス
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
36
37
38
39
40
41
42
43
44
45
46
47
48
49
50
51
52
//D3DPreprocessでのinclude処理インターフェイス
// 検索パスを3つまで追加可能
class IInclude : public ID3DInclude
{
public:
    IInclude(const char* path0, const char* path1=nullptr, const char* path2=nullptr)
    {
        inc_path[0] = path0;
        inc_path[1] = path1;
        inc_path[2] = path2;
    }
    HRESULT __stdcall Open(D3D_INCLUDE_TYPE IncludeType, LPCSTR pFileName, LPCVOID pParentData, LPCVOID *ppData, UINT *pBytes)
    {
        switch(IncludeType) {
        // とりあえず""と<>の区別なし
        case D3D_INCLUDE_LOCAL://#include ""
        case D3D_INCLUDE_SYSTEM://#include <>
            break;
        default:
            return E_FAIL;
        }
 
        for(auto& p : inc_path){
            if(!p)continue;
            std::string path = p;
            path += pFileName;
 
            std::ifstream input;
            input.open(path.c_str(), std::ios::binary);
            if(!input.is_open())continue;
            size_t fsize = (size_t)input.seekg(0, std::ios::end).tellg();
            input.seekg(0, std::ios::beg);
 
            void* data = ::operator new(fsize);
            input.read(static_cast<char*>(data), fsize);
            *ppData = data;
            *pBytes = fsize;
            return S_OK;
        }
        return E_FAIL;
    }
 
    HRESULT __stdcall Close(LPCVOID pData)
    {
        ::operator delete(const_cast<void*>(pData));
        return S_OK;
    }
 
    const char* inc_path[3];//検索パス
};

使用例
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
    const char* file_path = "data/test.fx";
    const char* inc_path = "data/";
 
    std::ifstream input;
    input.open("data/test.fx", std::ios::binary);
    //if(input.is_open())//省略
    size_t fsize = (size_t)input.seekg(0, std::ios::end).tellg();
    input.seekg(0, std::ios::beg);
    void* data = ::operator new(fsize);
    input.read(static_cast<char*>(data), fsize);
 
    IInclude iinc(inc_path);// /I inc_path
 
    // Cプリプロセッサでの/Dオプション
    D3D_SHADER_MACRO defines[] = {
        {"DEBUG", "1"},// /DDEBUG=1
        {nullptr, nullptr},// I'll be back
    };
 
    ID3DBlob* result = nullptr;
    ID3DBlob* error = nullptr;
    D3DPreprocess(data, fsize, file_path, defines, &iinc, &result, &error);
 
    if(result)OutputDebugStringA( (const char*)result->GetBufferPointer() );
    if(error)OutputDebugStringA( (const char*)error->GetBufferPointer() );
 
    ::operator delete(data);
    if(result)result->Release();
    if(error)error->Release();
 
// コードの色付けのバグにより ¥¥⇒/

おまけ

OutputDebugStringA関数などでエラー出力を行う場合
ファイルパス(数字):エラー文
という書式で出力すると、ダブルクリックでファイルパスのファイルをVisualStudioのエディタで開き、数字で指定した行数にエディットカーソルが移動した状態になります 。

16インチ サマータイヤ セット【適応車種:86(ZN6)】WEDS ジョーカー マジック シルバー 6.5Jx16ディレッツァ DZ102 205/55R16

(まとめ) アンテナ延長コード 2070 【×10セット】_送料無料

RK アールケー TAKASAGO CHAIN ホイール関連パーツ U型アルミリム【リムサイズ:17×MT3.50】 カラー:ブルーアルマイト スポーク穴数:36 ビードストッパー穴:無し ブレーキの仕様:ドラム 使用箇所:リア, DIXCEL HD-typeブレーキディスクローター フロント用PBY32セドリック 91/6~95/6, バックレスト ハーレーのFLRT Freewheeler 2015-2017のためのモーター取り外し可能なシシバーの背もたれパッド16 Motor Detachable Sissy Bar Backrest Pad For Harley FLRT Freewheeler 2015-2017 16, KYB(カヤバ) ショックアブソーバー+スプリング ローファースポーツキット トヨタ ピクシスエポック LA350A 17/05- 品番:LKIT-LA350S, (クーポン配布中) ACパフォーマンスライン CB400SF Ver.S 97-98用 ブレーキホースキット フロント/Wダイレクト 【送料無料】(北海道・沖縄除く) Clazzio/クラッツィオシートカバー キルティングタイプ スズキ ランディ H28/12~ グレード: 2.0G/2.0X 型式: SGC27/SGNC27 定員: 8 EN-5630, サンバー バン ブレーキ その他【シフトスポーツ】サンバー バン S321/331B 慶番 ドラムブレーキカバー S331B レッド, 【B30系ラフェスタ専用システムキャリア】 INNO(カーメイト) 年式H16.12~ [INAR +INB127]ワゴンルーフレール付, 五次元 ドルチェユーロ Dユーロスポーツ 19インチ 8.5J 5H-120 ブラックポリッシュ 送料無料 ホイール 4本セット, 【RPM】【アールピーエム】 YAMAHA YZF-R25 JBK-RG10J用 80D-RAPTOR 【SLIP-ON】 SUS/SUS 【政府認証】【6050D】 スリップオンマフラー ヘッドライト For Glossy Black 2005-2006 G35 4Dr Halo Projector Headlights+LED DRL Fog Lamps Glossy Black 2005-2006 G35用4Dr Haloプロジェクターヘッドライト+ LED DRLフォグランプ

(まとめ) アンテナ延長コード 2070 【×10セット】_送料無料:KENDA ICETEC NEO KR36 2018年製 在庫● スタッドレス スタッドレスタイヤ 215/60R17 BLEST BAHNS TECH Jizelis FVP ホイールセット 4本 17インチ 17 X 7 +38 5穴 114.3 送料無料 ミラ ココア L675S/L685S(H21/8~H24/3)フォグランプ対応 H8/H11 LED コンバージョンキット 30W 6000K 2500lm 光軸調整済み 純正準拠 ホワイト ランプ ライト gracias 汎用 左右セット【即日発送】

(まとめ) アンテナ延長コード 2070 【×10セット】_送料無料.【プロミュー】送料無料【project mu】スバル レガシィ COMP-B GYMKHANA ブレーキパッド フロント BH5(TX) レガシーツーリングワゴン (97/11~02/4) 【H142-B】N-BOXカスタム [H29/9-][JF3 / JF4] カジュアルエスライン ホワイト Bellezza ベレッツァ シートカバー

外国車用 フロント 前 Fブレーキローター 左右セット [品番:A425110]適合車種:ベンツ 210 Eクラス 210037※適合確認必要。ご購入の際、お車情報を記載ください。【smtb-k】【kb】【カード分割】 15インチMRワゴンMF33SHOT STUFF シュティッヒ レグザス フォーベックス ブラッククリア 4.5Jx15エナセーブ RV504 165/55R15


ファイルパス(10,8)
とすると10行、8文字目にカーソルが移動 【送料無料】 215/55R17 17インチ TOPY トピー セレブロ LF5 7J 7.00-17 YOKOHAMA ヨコハマ エコス ES31 サマータイヤ ホイール4本セット フジコーポレーション。
プリプロセスでエラーが発生したときに、ダブルクリックでエラー発生場所に移動できたので何か特殊なデバッグ機能がD3DPreprocessに備わっているのではと考えましたが、単にデバッグ出力を特定の書式にすることで有効になる機能でした。スクリプトやテキストデータの解析時に使えそうです CCFLイカリング フォグランプLED N-ONE/NONE/エヌワン JG1/JG2 ブルー H8/H11 ホンダ【CCFLリング LEDフォグ ユニット メッキ 純正交換 汎用 外装 ヘッドライト ハロゲン HID ドレスアップ】 OGK AFFID-J ブラックメタリック #M 《オージーケー 4966094534912》。