FALKEN(ファルケン) ZIEX ジークス +45 ZE914F 225/55R17 ステージア 97W [180サイズ]

まず「動詞とは何か?」をかんたんに見てみましょう。

225/55R17 FALKEN(ファルケン) ZE914F ジークス [180サイズ] 97W ZIEX 225/55R17 ジークス

動詞は10種類ある英語の品詞の中の一つです。

動詞は簡単にまとめるとこういうものです!

動詞とは?
動作や状態を表す品詞

動詞と言えば、例えばこういうものがありますよね。

動詞の例

  • walk(歩く)
  • eat(食べる)
  • run(走る)

「動詞」の意味自体は 18インチ サマータイヤ セット【適応車種:ムラーノ(Z51系)】WEDS ウェッズスポーツ SA-77R フォースブラッククリア 7.5Jx18グラントレック PT3 235/65R18、日本語と変わりはありません。ただ、日本語と英語で、「動詞」の扱いに決定的な違いがあります。

それは動詞は絶対に省略できないということです!

英語の動詞
省略できない!

例えば、日本語だと「あ、そのボールこっち!」と言うことが出来ますよね?(動詞である「投げて」や「ちょうだい」が省略されている)

でも、その場合は英語だとこんなふうに言います。

オオカミ

Pass me the ball.
(ボールこっちにちょうだい)

この「pass(投げる・渡す)」は絶対に省略できず、「動詞」が必要なんです。

サッシ

動詞は「絶対に省略できない、英語の中心となる品詞」と覚えておいてくださいね。

動詞を英語でなんて言う?

動詞を英語では「verb」と呼びます。

動詞の表記
日本語動詞
英語verb
発音記号və́ːrb
辞書上での記号「動」や「v.」
自動詞は「自」
他動詞は「他」


動詞の種類

続いて、動詞の種類を紹介しますね。

いくつかの分け方があるので1つ1つ紹介します。

「be動詞」と「一般動詞」

動詞は大きく分けて2種類に分けることが出来ます。それが、「be動詞」と「一般動詞」です。

1be動詞

「be動詞」は「ある・いる・~です」という意味で、以下のたった6単語しかない超レアな動詞なんですよ。

be動詞

  • be
  • am
  • are
  • is
  • was
  • were

be動詞についてはこちらにくわしくまとめています。

2一般動詞

be動詞以外の「run(走る)」や「drink(飲む)」などのいわゆる普通の動詞は「一般動詞」と呼ばれます。

be動詞以外の動詞
一般動詞

サッシ

この世の99%以上の英語の動詞は「一般動詞」です!

「動作動詞」と「状態動詞」

ちょっとマニアックな話になりますが、他には「動作動詞」と「状態動詞」という分け方もあります。

動作動詞
「jump(飛ぶ)」や「make(作る)」など、人の動きを表す動詞
状態動詞
「like(好き)」「become(~になる)」など、動作じゃなくて様子を表す動詞

英文法においては、「状態動詞は進行形(=『今まさに~している』という形)にできない」ということが大きな特徴なんですよ。

詳しくは動作動詞と状態動詞についてをご覧ください。

「自動詞」と「他動詞」

また「自動詞(用法)」と「他動詞(用法)」という分け方もあります。

例えば「drop(落ちる・落とす)」という動詞なら、「落ちる = 自動詞(自分がする動作)」と「落とす = 他動詞(他のものにする動作)」という2つの意味合い・用法があるんです。

自動詞・他動詞に関しては、「英語の自動詞と他動詞って? その見分け方はどうやるの?」の記事で詳しくまとめているので読んでみてくださいね。

動詞の活用(過去形や過去分詞)

では、次は動詞の活用についてのお話です。

活用の形は4つ(原形・過去形・過去分詞・現在分詞)

英語の「動詞」は 、いつも同じ形で使うわけではありません。

サッシ

なんと、必要に応じて違う形に変身するんです!

動詞の4つの活用形

  1. 原形(参考: 現在形と原形の違い
  2. 過去形
  3. 過去分詞形
  4. 現在分詞形

くわしくは、動詞の活用形についてをどうぞ。

「規則動詞」と「不規則動詞」

英語の動詞は全部で4つの活用形に変化するのですが、そのパターンはこちらの2つに分類されます。

動詞の活用の2パターン