PMC ヘッドライトリム&ケースセット 8mmハンヨウ クロームメッキ 《ピーエムシー 81-4121》


 >  > PMC ヘッドライトリム&ケースセット 8mmハンヨウ クロームメッキ 《ピーエムシー 81-4121》
懐かしい風景を求めて
懐かしいもの プロジェクトミュー ブレーキパッド B-SPEC リア用 ギャラン E39A(TURBO) 89.9~92.2 送料無料 【送料無料】ZOOM(ズーム) ダウンフォース eKクラッシィ H81W 3G83 H15/5~H17/12 2WD ZOOM [自動車 サスペンション ダウンサス]、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
113位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
10位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



ヘッドライトリム&ケースセット PMC 81-4121》 8mmハンヨウ ヘッドライトリム&ケースセット クロームメッキ 《ピーエムシー 81-4121》

フリーエリア


沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



PMC ヘッドライトリム&ケースセット DF200 8mmハンヨウ クロームメッキ 《ピーエムシー 81-4121》 プロミュー

QRコード



2016.7 道東周遊記 第2回 芦別駅、21分間停車


6:22、芦別着。ここで車両切り離し作業のため TANAX(タナックス) シェルシートバッグGT ブラック MFK-240、21分間も停車します。
町歩きは無理ですが、立派な駅舎が残る芦別駅と駅前風景を撮りに外へ…。



芦別駅(北海道芦別市本町)
1913年開業。2012年度、

PMC ヘッドライトリム&ケースセット 8mmハンヨウ クロームメッキ 《ピーエムシー 81-4121》,[#tong##]

メーカー 品番[カタログ品番 ] :81-4121 ※号機番号と適応車種を必ずご確認のうえ、ご注文くださいますようお願いいたします。    ご不明点等は、ご注文前にお問合せください。 ※掲載商品と実際の商品との色合いが異なる場合がございます。ご了承の程、宜しくお願いします。 ※商品は予告なく仕様の変更や販売を終了している場合がございますので予めご了承下さい。 ※レース専用パーツを装着しての一般公道走行は禁止されています。

、一日平均乗車人員は196人。
根室本線の富良野周辺では中核を成す駅のひとつ。
臨時特急列車を含め、全ての列車が停車します。



芦別エリアは周囲に多くの炭山を抱え 19インチ サマータイヤ セット【適応車種:デリカD:5(CV系 4WD)】WEDS レオニス CH ブラックメタルコートミラーカット 8.0Jx19トランパス LU2 245/45R19、昭和中期まで炭鉱を中心に
輸送に鉄路が大活躍していましたが、それらが閉山して半世紀近くも経った現在は
往時の繁栄ぶりが嘘のように、ただただ静かな山間の町になっています。。。



大柄な木造駅舎と シートカバー ネックパッドセット ムーヴ ムーブ move L175S/L185S/LA100S/LA110S/LA150S/LA160S エクセレント シリーズ ダイハツ DAIHATSU 軽自動車 車 車用品 カー用品 シートカバー 内装パーツ カーシート 釣り ペット 防水、駅前には何故か五重塔。
駅前歓迎塔という名前が付けられていました。
こんなのがあると、宗教色を感じてしまいますよね。



芦別市は全国の都市部の中でも広大な面積(865.04k㎡)を持ち、その約88%が森林です。
その美しい自然と澄みきった空、降るように美しい星がまたたく夜空といった自然環境を
生かし、星の持つ無限の愛とロマンに着目した観光のまちづくりを目指し、
昭和59年12月1日に「星の降る里」を宣言しました。


(芦別市HPより)



朝靄に包まれる芦別の町。
旧芦別レジャーランドであり、旧北の京芦別というB級スポットだった施設で、
現在は謎の宗教団体所有の施設になっている怪しさ満点スポットもあるので、
是非見に行きたいところですが、またいつか再訪する時の楽しみに取っておきます。





芦別駅は1913年の開業当初、下芦別駅と称していて、現在の芦別駅に
改称したのは1946年のこと。木造駅舎は1947年に改築されたもの。



冬には大活躍するであろうストーブも、夏はお休み中。
2016年3月まではみどりの窓口がありましたが 、営業を終了。
現在は簡易委託駅となっています。



駅舎だけでなく、ホーム上屋や跨線橋も年季が入っていて素敵です。

駅は片面+島式の2面3線。



跨線橋の佇まい。



駅前をうろついている間に、1両が切り離され、2番ホームに移動していました。
あちらは芦別始発の滝川行き普通列車となるようです。



相変わらずの曇天の中、列車は進んで行きます…。



続く

スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿

{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-68596