>  > トヨタ ヴェルファイア 20系 16インチ アルミホイール 一台分(4本) RIZLEY ZEFICE X (ライツレー ゼファイス エックス) マシニングブラック アルミ
P.MU EURO ECO ALFAROMEO 166 3.0 V6 24V Sportronic 936A1 99/09~ フロント
検索:

トヨタ ヴェルファイア 20系 16インチ アルミホイール 一台分(4本) RIZLEY ZEFICE X (ライツレー ゼファイス エックス) マシニングブラック アルミ

トヨタ ヴェルファイア 20系 makina 16インチ アルミホイール グロンドマン 一台分(4本) RIZLEY ZEFICE X (ライツレー ゼファイス エックス) マシニングブラック アルミ

AWS

EIP(Elastic IP)は、AWSを利用されたことのある人ならみなさん知っている、簡単に言うとEC2のパブリックIPの固定IPとして利用するIPアドレスのこと。

AWSでは、ざっくりいうと、EIPの発行と利用には課金しませんが、EIPを確保しても使っていない場合に課金します。

この課金について、微妙に認識できていない部分があって無駄に課金されていた、という話です。

友人「月いくら?」私「3000円くらいかな」友人「なんか課金額多くない?」私「え?」

個人でAWSを利用しているのですが、常時利用しているのは、t2.nanoのEC2を一台くらいなもので、計算すると、月額で1000円程度になるはず。

なぜ、2000円も多いのか。確かに、他にも止まってるインスタンスやAMIなんかもあるけど、そんなにいくわけない。。。

というわけで、悩んでもしょうがないので明細を眺めてみることに。

Elastic IP Addresses

え 、えらすてぃっくあいぴーあどれすですと。。。

EIPは有限な資源である

そもそも、IPアドレスのアドレス空間は有限であり、資源と同様に貴重なものとされています。実際、IPv4に関しては既に枯渇しており、どのIPも誰かが一度は使った過去があるアドレスとなっているというほどです。

AWSで提供されるEIPも要はIPアドレスなので、枯渇する可能性がある有限な資源です。そのため、AWSでは、EIPの発行と利用には課金しませんが、EIPを確保しても使っていない場合に課金する 【送料無料】 YOKOHAMA ヨコハマ アイスガード ファイブIG50プラス 195/65R15 15インチ スタッドレスタイヤ ホイール4本セット BRANDLE ブランドル G61B 5.5J 5.50-15【YO17win】、ということをしているようです。

そこで、課金についての私の認識ではこうでした。

EIPを確保し、インスタンスへの関連付けをしていない場合に、

トヨタ ヴェルファイア 20系 16インチ アルミホイール 一台分(4本) RIZLEY ZEFICE X (ライツレー ゼファイス エックス) マシニングブラック アルミ

▼クーポン配布中▼プレビジョン「グリーン末」90包 【6箱set】, 【60個まとめ買い】HB1204 シャンプーブラシ ×60個, 資生堂 クレドポーボーテ レデマキアンドゥー メーク落とし・洗顔料 200mL, 【送料無料】 クリスチャンディオール プレステージ ル バーム デマキヤント 150ml 【メール便(ゆうパケット)対象外】, 【お取り寄せ】アルビオン エクシアAL ホワイトニング エクストリームチャージセラムマスク 国産タイヤ・アルミホイール 新品 4本セット ◆ウェッズ レオニスMX Weds LEONIS MX◆235/55R17 17インチ (235/55-17)新品ヨコハマ アドバン デシベル バランス調整済み! パーツ, Puig 9369W NEW GENERATION LONG [CLEAR] Kawasaki Z650 (17-) プーチ スクリーン カウル, トヨタ/タクティー タイミングベルトセット V9152-N022/V9153-N006/V9153-N007 日産 ローレル SC33 RD28 1988年12月~ 2800cc, 【送料無料】 【エスペリア Espelir】ヴィッツ/Vitz 等にお勧め スーパーダウンサス / 1台分セット 型式等:NCP91 品番:EST-689, SilkySharkProject アウトランダー CW5W テールレンズカバー Type1 FRP製 黒ゲルコート仕上げ 塗装済み 【送料無料】 165/60R15 15インチ MONZA モンツァ JPスタイルベーカー 4.5J 4.50-15 DUNLOP ダンロップ エナセーブ EC204 サマータイヤ ホイール4本セット【DUsum18】

トヨタ ヴェルファイア 20系 16インチ アルミホイール 一台分(4本) RIZLEY ZEFICE X (ライツレー ゼファイス エックス) マシニングブラック アルミ:15インチ サマータイヤ セット【適応車種:ヴィッツ(130系 15インチ装着車)】ENKEI パフォーマンスライン PF03 スパークルシルバー 6.0Jx15HIFLY HF201 175/65R15 ブリヂストン NEXTRY ネクストリー サマータイヤ 225/60R16 MANARAY Euro Stream JL10 ホイールセット 4本 16インチ 16 X 6.5 +38 5穴 114.3

トヨタ ヴェルファイア 20系 16インチ アルミホイール 一台分(4本) RIZLEY ZEFICE X (ライツレー ゼファイス エックス) マシニングブラック アルミ.16インチ サマータイヤ セット【適応車種:デミオ(DJ系)】HOT STUFF Gスピード P01 ガンメタポリッシュ 6.0Jx16NANOエナジー 3プラス 185/60R16 【エスペリア】MAZDA スピアーノ SPIANO HF21S 1 2型 スーパーダウンサス HF21S K6A H15/9~16/10 2WD NA 2型 リア

16インチ サマータイヤ セット【フリード+ハイブリッド(GB7~8)】MANARAY ユーロストリーム JL10 ディープメタリックシルバー 6.5Jx16SINCERA SN832i 195/55R16 【MI758】i(アイ) [H19/12-H24/6][HA1W] セレクション Bellezza ベレッツァシートカバー

、課金が発生する

EIPは”起動中”のインスタンスについていると無課金なのである

というわけで、自分が勘違いしていたのは、”止まっている”インスタンスでも関連付けされていれば…、という部分でありました。以下のように”実行中かどうか”というインスタンスの状態が課金に絡んでいたという事実。

“Elastic IP アドレスを効率的に使用するため、Elastic IP アドレスが実行中のインスタンスに関連付けられていない場合や Project μ プロジェクト ミュー ブレーキパッド EURO SPORTS Excellence リア BMW F20(Hatchback) 1B30 M135i 【関西、関東限定】取付サービス品20 アルファード リアウイング / リアスポイラー【シルクブレイズ】アルファード 20系 G/Xグレード 前期/後期共用 プレミアムライン リアウイング メーカー純正色塗装済品 ブラック 202、停止しているインスタンスやアタッチされていないネットワークインターフェイスに関連付けられている場合は、時間毎に小額の料金が請求されます。”

引用元:http://docs.aws.amazon.com/ja_jp/AWSEC2/latest/UserGuide/elastic-ip-addresses-eip.html#eip-basics

確かに、止まってるインスタンスにつけてても有効活用されてるとはいえないですねー。しかも事実上これでIPアドレス確保しておけるわけですから、課金しますよね。そりゃ。。。

実際、上記にある”2,860 Hrs”というのは、正しいようでした。止まっていてEIPをつけているインスタンスが4台ずーーーっとあったわけで。2,860Hourとは月の利用時間なので、

2,860 ÷ ( 24 × 30 ) = 3.97222222222

で、おおよそ4、つまり4台分の使用時間ですと。

説明と明細はよく見ましょう

いい教訓になりました。今度からちょくちょく明細をきちんと見ることにします。この状態で1年以上はいた気がするので、結構高い勉強料でした。

みなさまもお気を付けください。

そして、これに気付かせてくれた友人Kさんに感謝。

関連

{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-95468

thiroyoshi.blog

learning, enjoying, working… is a life.

検索:

【AWS】EIPで知らずに結構課金されてた話

AWS

EIP(Elastic IP)は、AWSを利用されたことのある人ならみなさん知っている、簡単に言うとEC2のパブリックIPの固定IPとして利用するIPアドレスのこと。

AWSでは、ざっくりいうと、EIPの発行と利用には課金しませんが、EIPを確保しても使っていない場合に課金します。

この課金について、微妙に認識できていない部分があって無駄に課金されていた、という話です。

友人「月いくら?」私「3000円くらいかな」友人「なんか課金額多くない?」私「え?」

個人でAWSを利用しているのですが、常時利用しているのは、t2.nanoのEC2を一台くらいなもので、計算すると、月額で1000円程度になるはず。

なぜ、2000円も多いのか。確かに、他にも止まってるインスタンスやAMIなんかもあるけど、そんなにいくわけない。。。

というわけで、悩んでもしょうがないので明細を眺めてみることに。

Elastic IP Addresses

$0.005 per Elastic IP address not attached to a running instance per hour (prorated) 2,860 Hrs

え、えらすてぃっくあいぴーあどれすですと。。。

EIPは有限な資源である

そもそも、IPアドレスのアドレス空間は有限であり、資源と同様に貴重なものとされています。実際、IPv4に関しては既に枯渇しており、どのIPも誰かが一度は使った過去があるアドレスとなっているというほどです。

AWSで提供されるEIPも要はIPアドレスなので、枯渇する可能性がある有限な資源です。そのため、AWSでは、EIPの発行と利用には課金しませんが、EIPを確保しても使っていない場合に課金する、ということをしているようです。

そこで、課金についての私の認識ではこうでした。

EIPを確保し、インスタンスへの関連付けをしていない場合に、課金が発生する

EIPは”起動中”のインスタンスについていると無課金なのである

というわけで、自分が勘違いしていたのは、”止まっている”インスタンスでも関連付けされていれば…、という部分でありました。以下のように”実行中かどうか”というインスタンスの状態が課金に絡んでいたという事実。

“Elastic IP アドレスを効率的に使用するため、Elastic IP アドレスが実行中のインスタンスに関連付けられていない場合や、停止しているインスタンスやアタッチされていないネットワークインターフェイスに関連付けられている場合は、時間毎に小額の料金が請求されます。”

引用元:http://docs.aws.amazon.com/ja_jp/AWSEC2/latest/UserGuide/elastic-ip-addresses-eip.html#eip-basics

確かに、止まってるインスタンスにつけてても有効活用されてるとはいえないですねー。しかも事実上これでIPアドレス確保しておけるわけですから、課金しますよね。そりゃ。。。

実際、上記にある”2,860 Hrs”というのは、正しいようでした。止まっていてEIPをつけているインスタンスが4台ずーーーっとあったわけで。2,860Hourとは月の利用時間なので、

2,860 ÷ ( 24 × 30 ) = 3.97222222222

で、おおよそ4、つまり4台分の使用時間ですと。

説明と明細はよく見ましょう

いい教訓になりました。今度からちょくちょく明細をきちんと見ることにします。この状態で1年以上はいた気がするので、結構高い勉強料でした。

みなさまもお気を付けください。

そして、これに気付かせてくれた友人Kさんに感謝。

関連

2,860 Hrs