>  > ヤマハ純正 ヘッドライト ユニット アセンブリ 5VX-84310-00 JP店

ヤマハ純正 ヘッドライト ユニット アセンブリ 5VX-84310-00 JP店

- PR -

更新日: (投稿日:)

ヘッドライト ヘッドライト ユニット 5VX-84310-00 JP店 5VX-84310-00 アセンブリ ヤマハ純正

前年のドラフト翌年のドラフトドラフトトップ
 
新人王:エイドリアン・ダントリー(Adrian Dantley)
All Rookie Team
1st:エイドリアン・ダントリーミッチ・カプチャックロン・リージョン・ルーカススコット・メイ
 
主なプレイヤー
 
1.ジョン・ルーカス(John Lucas)

出身校:メリーランド大学
ポジション: PG、SG
所属チーム:HOU(1976~1978)→GSW(1978~1981)→WSB(1981~1983)→SAS(1983~1984)→HOU(1984~1986)→MIL(1987~1988)→SEA(1988)→HOU(1988~1990)
キャリア平均:10.7PPG、2.3RPG、7.0APG、1.4SPG

大学時代にバスケットボールとテニスの両方でオールアメリカンに選ばれた経歴を持つ。
ヒューストン・ロケッツに入団し、1年目から主力として活躍、2年目には平均12.4得点、9.4アシスト、2.0スティールを記録した。
シーズン終了後、リーグを代表する選手のひとりであるリック・バリーがフリーエージェントとなり、ルーカスとのプレーを望んでロケッツに加入する。
しかし、当時のリーグ規約でロケッツはバリーの在籍していたゴールデンステイト・ウォリアーズに対して何らかの補償をしなければならなず、皮肉な事にその補償としてルーカスがウォリアーズに譲渡される事になった。
ウォリアーズで3年目を迎えたルーカスは、平均16.1得点、9.3アシストを記録するなどリーグを代表するポイントガードとして活躍する。
一方で、NBAデビュー前から抱えていたアルコールと薬物の問題が、次第にキャリアを蝕むほど深刻なものとなっていく。
個人成績は3年目のシーズンをピークに下降を始め、1981年にウォリアーズを放出されると、移籍先のワシントン・ブレッツでも出場時間はさらに激減し、1982-83シーズン途中に解雇された。
翌1983-84シーズン開幕後にサンアントニオ・スパーズと契約を結び、シーズン終了後に古巣のロケッツに復帰すると、1985-86シーズンは開幕から先発を務め ピーエムシー PMC ペイント済み外装セット Z1スペシャルカラー 82-36330 HD店、平均15.5得点、8.8アシストを記録するなど全盛期を彷彿とさせる活躍を見せる。
しかしこの頃、リーグは薬物に関する取り締まりを強化し、依然として自身の問題を解決できずにいたルーカスはシーズン終了前にチームから追放される事になった。
NBA復帰を目指して本格的なリハビリに取り組み始めたルーカスは、1987年1月にミルウォーキー・バックスで復帰を果たす。
シーズン後半を強豪バックスの司令塔としてプレーし、33歳にしてキャリアハイとなる平均17.5得点を記録するなど、チームの好成績に貢献した。
その後、1990年まで現役を続け、キャリアをスタートさせたロケッツで14年の選手生活に幕を下ろした。
薬物中毒から立ち直った自身の体験から、後にプロアスリートを対象にした薬物治療施設を創設している。
息子のジョン・ルーカスⅢ世も2005年にNBAデビューを果たしている。
youtube:http://youtu.be/45651e3Hxj0
 
2.スコット・メイ(Scott May)

出身校:インディアナ大学
ポジション: SF
所属チーム:CHI(1976~1981)→MIL(1981~1982)→DET(1982)
キャリア平均:10.4PPG、4.1RPG、1.7APG

インディアナ大をNCAAトーナメント優勝に導き、低迷するシカゴ・ブルズに入団すると、1年目から平均14.6得点、6.1リバウンドの活躍を見せ、前年から20勝の上積みとなる44勝38敗の好成績に大きな役割を果たした。
しかし、翌シーズンに膝の手術を受けてからは急激にパフォーマンスを低下させ、1年目のような活躍を見せられないまま、1982年に現役を引退した。
息子のショーン・メイも2005年にNBAデビューを果たしている。
 
6.エイドリアン・ダントリー(Adrian Dantley)

出身校:ノートルダム大学
ポジション: SF
所属チーム:BUF(1976~1977)→IND(1977)→LAL(1977~1979)→UTA(1979~1986)→DET(1986~1989)→DAL(1989~1990)→MIL(1991)
キャリア平均:24.3PPG、5.7RPG、3.0APG、1.0SPG、.540FG%
個人賞:Rookie of the Year
ALL TEAM:All-NBA 2nd 2回
オールスター出場:6回(1980~1982、1984~1986)

バッファロー・ブレーブスに入団し、1年目に平均20.3得点、7.3リバウンドを記録して新人王を受賞する。
1979年にユタ・ジャズに移籍してからは得点力に一層の磨きがかかり、移籍1年目に平均28.0得点のハイアベレージを記録、初のオールスターに選出された。
翌シーズンには平均30.7得点で得点王となり、その後は毎シーズンのように平均30得点前後を叩き出すスコアラーとして活躍した。
80年代を代表する選手となった一方で、そのプレーは利己的と批難される事もあり、ヘッドコーチのフランク・レイデンとの関係も次第に悪化していった。
1985年にカール・マローンが入団すると、チームはマローンへの影響を懸念し、1986年にダントリーをデトロイト・ピストンズへとトレードした。
ピストンズでは2シーズン連続で平均20得点以上を記録していたが、優勝を目前にした1989年に、同じスコアラータイプのマーク・アグワイアとのトレードでダラス・マーベリックスに放出され、優勝を経験できないまま1991年に現役を引退した。
ジャズでは7シーズンで平均29.6得点を記録し、カール・マローンを上回るチーム歴代1位の記録となっている。
youtube:http://youtu.be/rdO_3iW5QAA
 
7.クイン・バックナー(Quinn Buckner)

出身校:インディアナ大学
ポジション: PG、SG
所属チーム:MIL(1976~1982)→BOS(1982~1985)→IND(1985~1986)
キャリア平均:8.2PPG、2.7RPG、4.3APG、1.9SPG
ALL TEAM:All-Defensive 2nd 4回

ミルウォーキー・バックスに入団し、2年目に平均9.3得点、5.6アシスト、2.3スティールを記録、オールディフェンシブ2ndチームに選出される活躍を見せた。
以降もオールディフェンシブチームの常連となり、タフなディフェンダーとして、また、安定したゲームメイクを見せる信頼の厚い司令塔として活躍した。
1980-81シーズンにはキャリアハイとなる平均13.3得点に加え、リーグ3位となる2.4スティールを記録している。
1982年からはボストン・セルティックスでプレーし、1984年に自身初のチャンピオンリングを獲得している。
 
8.ロバート・パリッシュ(Robert Parish)

出身校:セントナリー・ルイジアナ大学
ポジション: C
所属チーム:GSW(1976~1980)→BOS(1980~1994)→CHH(1994~1996)→CHI(1996~1997)
キャリア平均:14.5PPG、9.1RPG、1.4APG、1.5BPG、.537FG%
ALL TEAM:All-NBA 2nd 1回、All-NBA 3rd 1回
オールスター出場:9回(1981~1987、1990~1991)

映画『カッコーの巣の上で』の登場人物に似ていた事から「ザ・チーフ」(酋長)のニックネームで呼ばれた。
身長215cm、当時としては珍しいセブンフッターとして攻守に渡りゴール下で無類の強さを見せた。
ゴールデンステイト・ウォリアーズでは2シーズン連続で平均17得点、10リバウンド以上を記録し、期待のセンターとして活躍を始めていたが、1980年にドラフト1位指名権との交換でボストン・セルティックスにトレードされ、移籍後はラリー・バードらとともにセルティックスの黄金期を築いた。
移籍2年目の1981-82シーズンには平均19.9得点、10.8リバウンド、2.4ブロックを記録し、オールNBA2ndチームに選出されている。
パリッシュ、バード、ケビン・マクヘイルの3人が形成するフロントコートはリーグ最強と謳われ、80年代に3度の優勝を実現する基盤となった。
21シーズンという長い選手生活を送り、現役最後となった1996-97シーズンにシカゴ・ブルズで自身4個目となるチャンピオン・リングを獲得している。
キャリアを通して常に健康を保ち CRIMSON(クリムソン) CLUB LINEA L566 (クラブリネア L566) 17インチ 9.0J PCD:100 穴数:4 inset:3 DISK TYPE:LOW カラー:ブラック [ホイール1本単位]/H、1,611試合出場はNBA記録となっている。
背番号『00』はセルティックスの永久欠番となっている。
youtube:http://youtu.be/4J-K5YxUgOs
 
10.ロン・リー(Ron Lee)

出身校:オレゴン大学
ポジション: PG
所属チーム:PHO(1976~1979)→NOJ(1979)→ATL(1979~1980)→DET(1980~1982)
キャリア平均:7.3PPG、2.7RPG、3.8APG、1.9SPG

フェニックス・サンズに入団し、1年目は控えながらチームで唯一82試合全てに出場した。
このシーズンに平均10.2得点、3.2アシスト、1.9スティールを記録し、オールルーキー1stチームに選出されている。
2年目にはリーグトップとなる平均2.7スティールを記録するなど、アグレッシブなプレースタイルでファンの間では抜群の人気を誇る選手となる。
しかし、3年目のシーズン途中にトレードでサンズを去ると 【メーカー在庫あり】 ユーカナヤ U-KANAYA ビレットレバーセット ツーリングタイプ ZRX1200ダエグ、ZRX1200、ZRX1100 チタン KA017-004-0806 JP店、その後は故障の影響もあって数字を下降させていった。
1982年を最後にNBAを離れると、その後はイタリアやスウェーデンなどでプレーを続けた。
 
13.ミッチ・カプチャック(Mitch Kupchak)

出身校:ノースカロライナ大学
ポジション: PF、C
所属チーム:WSB(1976~1981)→LAL(1981~1986)
キャリア平均:10.2PPG、5.4RPG、0.7APG、.523FG%

ワシントン・ブレッツに入団し、キャリアハイとなる平均15.9得点を記録した2年目のシーズンにNBA優勝を経験した。
ブレッツで5シーズンを過ごした後、1981年に長期契約を結んでロサンゼルス・レイカーズへ移籍する。
移籍1年目、開幕から先発を務め 「複数種類あり」 リヤ の ドライブ シヤフト [一式] ■ 『図の略番 28421 のみ』 スバル純正部品 エクシーガ 適合年式[平成20年04月~next]『品番』 28421SC020 ^j32^、キャリア最高のシーズンとなる事を予感させる好調なシーズンを送っていたが、膝の故障により26試合の出場にとどまり、翌シーズンも全休を余儀なくされた。
復帰後は全盛期のような活躍を見せる事ができなくなったが、1985年のファイナル第6戦ではファウルトラブルに陥ったカリーム・アブドゥル=ジャバーの不在を見事にカバーし、この試合で優勝を決める原動力となった。
 
22.ジョニー・デイビス(Johnny Davis)

出身校:デイトン大学
ポジション: SG、PG
所属チーム:POR(1976~1978)→IND(1978~1982)→ATL(1982~1984)→CLE(1984~1986)→ATL(1986)
キャリア平均:12.9PPG、2.0RPG、4.5APG

デイビスのルーキーシーズン、ポートランド・トレイルブレイザーズは初のプレイオフ進出を果たす。
レギュラーシーズンを控えとしてプレーしていたデイビスは、プレイオフの途中から先発を務め、プレイオフ初進出にして初優勝という快挙に大きな役割を果たした。
2年目は出場時間も大きく増加し、シーズン終了後にインディアナ・ペイサーズに移籍すると、3年目となるシーズンにチームトップとなる平均18.3得点、5.7アシストを記録した。
ペイサーズでは4シーズンを過ごし、その後も得点力に優れた司令塔として活躍、1986年まで10シーズンの選手生活を送っている。
 
23.アレックス・イングリッシュ(Alex English)

出身校:サウスカロライナ大学
ポジション: SF
所属チーム:MIL(1976~1978)→IND(1978~1980)→DEN(1980~1990)→DAL(1990~1991)
キャリア平均:21.5PPG、5.5RPG、3.6APG、.507FG%
ALL TEAM:All-NBA 2nd 3回
オールスター出場:8回(1982~1989)

80年代を代表するスコアラーとして活躍し、滑らかでエレガントなプレースタイルから「The Blade」の名で呼ばれた。
NBAデビュー当初は目立った成績を残す事ができず、2年目のシーズン終了後にフリーエージェントとしてインディアナ・ペイサーズに移籍した。
ペイサーズで平均16.0得点、8.1リバウンドと大きく数字を伸ばすと、翌シーズン途中にオールスター選手のジョージ・マクギニスとのトレードでデンバー・ナゲッツに移籍する。
ナゲッツではすぐに平均20得点を超えるエースとして活躍を始め、移籍3年目の1981-82シーズンには平均25.4得点、6.8リバウンド、5.3アシスト、1.5ブロック、FG成功率55.1%を記録し、以降8年連続で選出される事になるオールスターに初めて出場する。
このシーズンから8年連続で平均25得点、シーズン通算2,000得点以上を記録し、1982-83シーズンには平均28.4得点で初の得点王、1985-86シーズンにキャリアハイとなる平均29.8得点を記録した。
アシストにも能力を発揮するチームプレイヤーとしてチームに貢献し、ナゲッツはイングリッシュがチームを去る1990年まで9年連続でプレイオフに進出した。
ナゲッツでは通算試合出場数や通算得点などいくつものチーム記録を保持し、背番号『2』はナゲッツの永久欠番となっている。
youtube:http://youtu.be/pllWgMxbnH0
 
25.ロ二ー・シェルトン(Lonnie Shelton)

出身校:オレゴン州立大学
ポジション: PF
所属チーム:NYK(1976~1978)→SEA(1978~1983)→CLE(1983~1986)
キャリア平均:12.0PPG、6.1RPG、2.2APG、1.1SPG
ALL TEAM:All-Defensive 2nd 1回
オールスター出場:1回(1982)

ニューヨーク・ニックスに入団し、1年目は控えながら一定の出場時間を得て平均11.6得点、7.7リバウンドを記録する。
1978年にシアトル・スーパーソニックスに移籍すると、インサイドのディフェンスでチームに貢献し、移籍1年目にして自身初、そしてチーム史上初となる優勝を経験する。
1981-82シーズンには平均14.9得点、6.3リバウンドを記録してオールスターに初めて選出され、オールディフェンシブ2ndチームにも選出された。
 
29.デニス・ジョンソン(Dennis Johnson)

出身校:ペパーダイン大学
ポジション: PG、SG
所属チーム:SEA(1976~1980)→PHO(1980~1983)→BOS(1983~1990)
キャリア平均:14.1PPG、3.9RPG、5.0APG、1.3SPG、BPG、FG%、3P%、FT%
個人賞:Finals MVP1回(1978-1979)
ALL TEAM:All-NBA 1st 1回、All-NBA 2nd 1回 ヘッドライト 07-12 Mini Cooper Crystal Black Halo Projector Headlights Pair 07-12ミニクーパークリスタルブラックハロープロジェクターヘッドライトペア、All-Defensive 1st 6回、All-Defensive 2nd 3回
オールスター出場:5回(1979~1982、1985)

ディフェンスの名手として知られ、80年代のボストン・セルティックス黄金期を支えた。
ドラフトでは下位での指名となったが、入団したシアトル・スーパーソニックスでは1年目から積極的に起用され、3年目の1978-79シーズンに平均15.9得点を記録してオールスター出場を果たした。
このシーズン、ソニックスはプレイオフを勝ち進んでファイナルに進出し、ジョンソンは大舞台で平均22.6得点、6.0アシスト、1.8スティール、2.2ブロックを記録してソニックスを初の優勝に導いた。
ジョンソンはファイナルMVPの栄冠に輝き、翌シーズンは名実ともにチームの中心プレイヤーとして優れた成績を残す。
しかし、自己中心的なプレーがチーム内での評判を悪化させ、レニー・ウィルケンズHCからも「ジョンソンはチームの癌」と批判された。
シーズン終了後にフェニックス・サンズにトレードされる事になったが、1981-82シーズンにキャリアハイとなる平均19.5得点を記録するなど活躍し、1983年にかねてからジョンソンのディフェンス力を高く評価していたボストン・セルティックスに移籍する。
セルティックスでは攻撃の起点としてゲームメイクに注力する一方、ゲームの終盤では危険なシューターとして得点力を発揮し、2度の優勝に貢献した。
チームメイトのラリー・バードは「一緒にプレーした中で最高の選手」とジョンソンを評し、背番号『3』はセルティックスの永久欠番となっている。
2007年に心臓発作により52歳で死去した。
youtube:http://youtu.be/n8sAyIZiPJ0
 
99.マイク・ダンリービー(Mike Dunleavy)

出身校:サウスカロライナ大学
ポジション: PG、SG
所属チーム:PHI(1976~1978)→HOU(1978~1982)→SAS(1982~1984)→MIL(1984~1985、1988~1990)
キャリア平均:8.0PPG、1.6RPG 、3.9APG

キャリアを通して主にバックアップとしてプレーし、1982-83シーズンに平均7.8得点、

ヤマハ純正 ヘッドライト ユニット アセンブリ 5VX-84310-00 JP店 公式オンラインストア

YOKOHAMA ヨコハマ エコス ECOS ES31 サマータイヤ 215/65R15 HotStuff Laffite ラフィット LW-03 ホイールセット 4本 15インチ 15 X 6 +43 5穴 114.3;14インチ サマータイヤ セット【適応車種:モコ(MG33系)】WEDS レオニス FY BMCミラーカット 4.5Jx14エナセーブ EC202L 155/65R14;テールライト ANZO 861148 Single LED Tailgate Spoiler Light for 1997-2003 Ford F-150 ANZO 861148シングルLEDテールゲートスポイラーライト1997-2003 Ford F-150用

ヤマハ純正 ヘッドライト ユニット アセンブリ 5VX-84310-00 JP店;【D749】ステラカスタム [H26/12-H28/6][LA150F / LA160F] カジュアルエスライン ホワイト Bellezza ベレッツァ シートカバー;R2 RC1 RC2 H15.10~H22.04 タイミングベルト セット 送料無料;15インチN ONEJG系 NA車 2WDENKEI オール オールワン マシニングパールホワイト 5.0Jx15エナセーブ RV504 165/55R15;16インチ サマータイヤ セット【適応車種:シルビア(S15系 ターボ車)】HOT STUFF Gスピード P01 ガンメタポリッシュ 6.5Jx16ヨコハマ エコス ES31 205/55R16

DIXCEL/ディクセル ブレーキディスクローター PD リア左右セット CHRYSLER 300C/TOURING 6.1 SRT8 年式:06/05~11 品番:PD197 4822S 備考必読ください, 【割引クーポン配布中】KW/カーヴェー Version-1 INOX(ステンレスケース) BMW 3シリーズ/F30 Sedan 2WD 電子制御式ダンパー付き, RAYS(レイズ) VOLK RACING G27 PROGRESSIVE MODEL (ボルクレーシング G27 プログレッシブモデル) 18インチ 9.0J PCD:120 穴数:5 inset:50 FACE-1 プレスドブラッククリアー [ホイール単品4本セット], 【送料無料】 245/40R20 20インチ WORK ワーク グランシーカー CCX 8J 8.00-20 FALKEN ファルケン アゼニス FK453 サマータイヤ ホイール4本セット, 期間限定 送料 無料 Aim SOLO DL(OBDケーブル付) GPSラップタイマー データロガー 専用設計 WeatherTech/ウェザーテック サンルーフバイザー 03-18y トヨタ ランドクルーザー プラド(150系)

、5.5アシストを記録、スリーポイントシュートでは試投数(194本)、成功数(67本)、成功率(34.5%)でそれぞれリーグトップの数字を残した。
息子のマイク・ダンリービーJrも2002年からNBAでプレーしている。
 
ドラフト外.モーゼス・マローン(Moses Malone)

出身校:ピーターズバーグ高校
ポジション: C、PF
所属チーム:ABA(1974~1976)→BUF(1976)→HOU(1976~1982)→PHI(1982~1986)→WSB(1986~1988)→ATL(1988~1991)→MIL(1991~1993)→PHI(1993~1994)→SAS(1994~1995)
キャリア平均:20.3PPG、12.3RPG、1.3APG、1.3BPG
個人賞:MVP 3回(1978-1979、1981-1982、1982-1983)、Finals MVP1回(1982-1983)
ALL TEAM:All-NBA 1st 4回、All-NBA 2nd 4回、All-Defensive 1st 1回、All-Defensive 2nd 1回

ヤマハ純正 ヘッドライト KYB ユニット アセンブリ 5VX-84310-00 165/55R14 JP店


オールスター出場:13回(1975、1978~1989)

1974年に高校を卒業すると、大学には進まずABAのユタ・スターズに入団した。
ABAではオールスター選手として活躍し、1976年のABA消滅に伴いNBAに加入、バッファロー・ブレーブスに入団してすぐにヒューストン・ロケッツへ移籍した。
ロケッツ加入直後はリバウンダーとしてチームに貢献していたが、1977-78シーズンにエースのルディ・トムジャノビッチが怪我で戦列を離れてからは攻守にわたって支配的なプレーを見せ、翌1978-79シーズンに平均24.8得点、17.6リバウンドを記録してシーズンMVPの栄冠に輝いた。
1981年にはロケッツをチーム史上初のファイナル進出に導き、翌1981-82シーズンに平均31.1得点、14.7リバウンドを記録して2回目のシーズンMVPを受賞した。
シーズン終了後、東の強豪フィラデルフィア・76ersへと移籍し、優勝目前で足踏みを続けるチームの最後の切り札として大きな注目を集めた。
76ersにはリーグの顔であるジュリアス・アービングのほか、モーリス・チークスアンドリュー・トニーらオールスター選手が揃い、マローンが加入した76ersは1982-83シーズンを65勝17敗という好成績で終了する。
2年連続3度目のシーズンMVPを受賞したマローンはプレイオフを前に意気込みを聞かれ、「フォー、フォー、フォー」とだけ応えて12戦全勝で優勝すると宣言した。
ファイナルに辿りつく前に1敗し、惜しくも宣言通りとはならなかったが、12勝1敗という他チームを寄せ付けない圧倒的な力で優勝を果たした。
ファイナルMVPにはシリーズ平均25.8得点、18.0リバウンドを記録したマローンが選ばれ、シーズンMVPとあわせて2冠となった。
その後もワシントン・ブレッツなどで活躍を続けていたが、90年代に入ってからは年齢とともに数字も下降していった。
1995年に現役引退を表明し、NBA19シーズン、ABAと併せると21シーズンという長い選手生活に幕を下ろした。
ヒューストン・ロケッツで背番号『2』が、

ヤマハ純正 ヘッドライト ユニット アセンブリ 5VX-84310-00 JP店

、フィラデルフィア・76ersで背番号『24』がそれぞれ永久欠番となっている。
youtube:http://youtu.be/niA1HKj2OfQ

-2,172 views-

{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-58597