>  > 【送料無料】AHR20系 エスティマハイブリッド後期 [H24.5 ~]D4S/D4R用 HIDバラスト 純正互換 2個【35W仕様】補修/スペア/交換用【_】【RCP】【ihid10s】 inex0031
【店舗取付サービス】【フィット ハイブリッド GP5/GP6 ムゲン】フィット ハイブリッド GP5 サイドスポイラー 未塗装

「噺の話」の更新通知を受け取る場合はここをクリック

【送料無料】AHR20系 エスティマハイブリッド後期 [H24.5 ~]D4S/D4R用 HIDバラスト 純正互換 2個【35W仕様】補修/スペア/交換用【_】【RCP】【ihid10s】 inex0031

kogotokoub.exblog.jp
ブログトップ
2012年 05月 18日

【送料無料】AHR20系 inex0031 純正互換 エスティマハイブリッド後期 2個【35W仕様】補修/スペア/交換用【_】【RCP】【ihid10s】 HIDバラスト HIDバラスト ~]D4S/D4R用 【送料無料】AHR20系 [H24.5

 落語協会の今春の一人真打である春風亭一之輔の昇進披露興行は、今行われている国立演芸場でフィナーレとなる。落語芸術協会の五人の昇進者の披露興行は、現在浅草演芸ホールで開催中、池袋演芸場では6月の中席に行われる。

 落語ブログの中で、いつも立ち寄らせていただき、その鋭い鑑識眼を尊敬している“ほめ・く”さんが、

、5月15日の記事で、真打制度そのものに対する問題提起をされている。ほめ・くさんのブログ該当記事

 ほめ・くさんの記事は、翌5月16日に朝日新聞のサイトに掲載された記事を先取りするような内容だった。ASAHI.COMの該当記事

真打ち選び、基準は実力?年季? 東京落語で試行錯誤

 東京落語の真打ち昇進に今年、変化が起きた。若手が先輩を追い越したり、公開試験で決まったり。年功序列が定着していた世界で、真打ちの選び方の試行錯誤が始まっている。

 4団体で最大の落語協会は、二つ目59人から3人を抜擢(ばってき)。春昇進の春風亭一之輔(入門2001年)は21人抜き、秋昇進の古今亭朝太(同1998年)は8人抜き、古今亭菊六(同02年)は28人抜きとなった。

 落語立川流では昨年、立川志らく門下の二つ目4人が「真打トライアル」に臨み、立川こしら、立川志ら乃が今年中の昇進を決めた。

 一方、落語芸術協会(芸協)と五代目円楽一門会は、従来通り修業を始めた年季順で昇進する。

 真打ちは落語家で最上級の身分。若手の中で実力があると認められた人が選ばれる。本来、寄席の最後(トリ)に出演する資格で、寄席を経営する席亭が実力を見て推薦し、決まっていた。戦前からある2団体で真打ちになるのはそれぞれ年に1、2人が普通だった。それが、50~60年代の落語ブームで入門者が増え、70年代から年季順に年5~10人を大量に昇進させる例が出てきた。落語協会は2年前まで、ほとんどは年功序列だった。

 落語協会幹部によると、今回の年季順によらない昇進は柳家小三治会長の意向だ。二つ目勉強会を会長自ら聴いたうえで3人を選んだ。入門して14、15年経てば儀式のように昇進するのを嫌っていたという。ただし、来年以降は未定だ。

 柳亭市馬副会長は「真打ちは、昔は到達点だったんですけどいまはスタートライン。何十人も飛び越して一人で昇進したからって、将来が明るいとか安心なわけではない」。ある二つ目は「実力を認められれば真打ちに上がれるから [MC10-23122-001] 5ZIGEN マフラーカッター HONDA ライフ DBA-JC1 H20/11~、やる気になる」と話す。

 落語協会では80年前後、真打ち昇進のあり方を巡り故・三遊亭円生や故・立川談志らが脱退。現在の円楽一門会と立川流ができた。

 立川流は、真打ちになるには落語100席と歌舞音曲などを身に着け、家元の談志が認めることを条件とした。談志は落語協会の真打ち昇進試験で弟子を落とされ、自己流の基準を新たに作った。

 今回は、客席と師匠の志らくが採点する公開試験方式を6回実施。「自分が認めるだけでは弱い。客の後押しをもらいたかった」。年功序列への反発もある。「プロ野球だって何年やっても実力がなければクリーンアップを打たせない」

 一方、芸協の桂歌丸会長は「抜擢された本人が苦しいのでは。楽屋で疎外される場合がある。残された人間が面白くないのは当たり前」と話し、年功序列を続ける方針だ。

 実は立川流でも、試験は必須ではない。入門から20年以上経て、大きな実績がないまま真打ちに昇進した弟子もおり、「情」の面を残している。

 上方落語では真打ち制度自体がない。大正時代に消滅した。05年に導入を検討したが見送られている。

 演芸評論家の矢野誠一さんは「現代に真打ち制度が適応しているか、考えないといけない」と指摘する。

 落語家は500人もいるのに寄席は4軒だけ。多くの真打ちはトリをとることがなく、一流の証しにはならない。落語家は自分で芸名を大きくして、価値を上げるしかないのが実態だ。小三治が若手を早く昇進させるのは「真打ちには価値がないと、反面教師的に教えているのだと思う」というのが矢野さんの見方だ。

 落語プロデューサーの京須偕充(ともみつ)さんは「現状に多少の危機感が落語界の内部にあったと思う」とみる。00年代の落語ブームが落ち着くと、ギャグや受けを重視する演者が目立ち、話の筋を聴かせる話芸がおろそかになっているのでは、というわけだ。京須さんは抜擢や試験による昇進を「真打ち本来の姿が見直された意義は大きい」と評価している。(井上秀樹)



 矢野誠一さん、京須偕充さん両方のコメントを掲載することって、意外に少ないので、この記事は全文引用させてもらった。

 この問題は、非常に悩ましい。

 (1)真打制度は必要か

 (2)必要とするなら [ESPELIR] エスペリア スーパーダウンサス タイプ2 1台分セット NV100クリッパーリオ DR64W H25/12~27/3 K6A 4WD TB E / G ※代引不可 ※離島は送料別途、何を基準、あるいは条件とするか

 ということが、大きなテーマになるだろう。

 私は、(1)については、「真打制度は必要」に一票を投じる。理由は大きく二つ。

 (A)落語の世界で生きていくための通過儀礼であり適性審査として
   大学受験などにも言えると思うが、どこかに、一つの壁を超えるための試練は
   必要なのだと思う。そこを越えなければ、別の道を選ぶことだって可能だ。
   一定の修行期間や、何らかの基準での評価によって、自分が、その先に進んで行く
   だけの資格があるか、それとも他の道を歩むべきかを、その適性を自覚する役割も
   持つ。「やりたい」という思いだけで生き残れるほど、本当は甘くないはずなのだ。

 (B)落語界全体の活性化のために
   特に若手噺家にとって、良きライバルがいて、お互い切磋琢磨することで将来落語界
   を背負って立つ噺家が生まれるのだと思う。長い目で落語という芸能が活性化される
   ために、真打昇進を競い合いのは、悪いことではない。

 次に(2)の問題。ほめ・くさんのブログや朝日の記事でも分かるように、東京の各派は、まったく基準がバラバラである。基準や条件は一つにしないと、私が(1)であげた「必要性」の理由にも説得力がなくなる。同じルールでなければ勝負にはならない。かたや相撲、こっちは野球、ということになってしまう。

 だから、統一基準が、本当は欲しい。

 ではどんな基準、あるいは条件がいいのだろうか?
        
 同じ伝統芸能の歌舞伎はどうなっているか。「落語と一緒にするな!」というお叱りは覚悟で歌舞伎からヒントを探りたい。歌舞伎の世界では、かつては数多くの格付け(グレード)に分かれていたが、今日の大きな格付けとして、「名題」と「名題下」の違いがある。これは「真打」と「二ツ目」に近いのではないか、そう思ったのだ。
 社団法人日本俳優協会と社団法人伝統歌舞伎保存会が協力して設置した歌舞伎公式ホームページ「歌舞伎 on the web」には、次のように説明されている。歌舞伎on the webの該当ページ 

「名題(なだい)」とは

歌舞伎俳優の身分制度は時代によって変遷してきましたが、現在は「名題」と「名題下(なだいした)」に大別されています。

名題俳優(名題役者ともいう)になるには、まず、日本俳優協会の名題資格審査(名題試験)に合格して「名題適任証」を取得した上で、諸先輩やご贔屓、興行主など、関係方面の賛同を得て、名題昇進披露を行う必要があります。



 ついで、と言うわけではないが、「名題下」の解説に、かつての格付けの名前があるので、ご紹介する。

「名題下」とは

名題に昇進していない俳優を「名題下」といいます。

以前は、名題下俳優の中に 『NONE』 純正 JG1 JG2 インナードアハンドル&ドアポケットイルミネーション パーツ ホンダ純正部品 オプション アクセサリー 用品、さらに相中(あいちゅう)、上分(かみぶん)、名題下の三階級があったといわれますが、現在はこの区別はありません。

名題下俳優の中には「名題適任証」を取得していながら、あえて名題に昇進しない人もいます。それは、名題と名題下の区別が単なる身分の上下ということでなく、専門とする仕事が違うという面もあるからです。


 ちなみに八代目林家正蔵の『中村仲蔵』では、マクラで(歌舞伎)役者の格付けを、「人足-大部屋-相中-相中上分-名題下-名題」と説明されている。これは、余談。

 名題になるための条件は次のようなものだった。
(1)日本俳優協会の名題資格審査(名題試験)に合格する
(2)「名題適任証」を取得する
(3)諸先輩やご贔屓、興行主など、関係方面の賛同を得て、名題昇進披露を行う

 (1)の「名題試験」のことは詳しくは知らないが、どうも筆記試験あるいはレポート、そして実技試験があるらしい。
 (2)は日本俳優協会の会員になる、ということのようで、「名題試験」に合格しても、必ずしも「名題適任証」も取得する、あるいは取得できるわけではないようだ。その仕事の内容によって必ずしも試験合格者が「名題適任証」を取得しないこともあるらしい。推測でしかないが、「試験は合格だが、素行が悪い」などの人物評価が加味されて取得を認めない、ということもあるのかもしれない。詳しくは知らないので、ご勘弁を。
 (3)は、落語の世界の真打昇進が、かつては寄席の席亭の推薦ありき、だったから馴染みのある条件とも言えるだろう。「客を呼べる」と思われなければ、やはり「名題」にはなれないのだろうし、支援者、相撲の世界で言うタニマチがいなければ、芸人を長くつとめることはできないだろう。

 私は、東京の落語の各派が、統一基準をつくることは可能だと思っている。また、まさに今、その議論をすべきタイミングではないかとも思っている。

 特に、家元亡き今の立川流は、家元のつくった基準の見直しなど、何らかの将来への布石を打たないと、個々の噺家の単なる寄合になるだろう。芸術協会だって、「ウチはウチ、年功でいきます」と言い続けることが、果たしてできるのだろうか。円楽一門にしたって、芸術協会主催の定席を合同で開催するようになると、早晩、昇進基準の相違が問題になるに違いない。
 そして、落語協会だって、一之輔、菊六、朝太という抜擢昇進の後、いつまでも小三治会長の審美眼にのみ頼ることは難しいだろう。かと言って従来の年功エスカレーター昇進には戻って欲しくない。

 統一真打昇進の条件として次の内容を提言したい。あくまでも、「叩き台」としてである。

受験資格は、入門から10年経過、師匠の推薦あり、の全員。

 (1)筆記試験あるいはレポート
    落語の幅広い基礎知識を評価するか、特定の課題へのレポートとするか検討し、
    いづれかの方法で、落語の基本的な素養を確認する。
    試験とレポートの両方、一年交代で実施、などはその内容も含めて要検討。
 
 (2)実技は二種類
  (A)太鼓
    いわゆる前座修行の確認。基本の太鼓実技を審査する。この試験の実施によって、
    芸術協会と他派との合同開催も、その意義が増えるのではなかろうか。円楽一門、
    立川流の前座や二ツ目さんも、しっかり定席の場で稽古してもらおう。
    笛も加えていいのかどうかは、今時点では保留とする。
    審査は協会選出の中堅と、下座のベテランの皆さん。
    お茶出しや高座返しなども加えるか 【送料無料】 サマータイヤ ホイール4本セット イノセンス4 16インチ 6.5J INSET42/53 4穴 100 ガンメタシルバー WINRUN ウィンラン R330 195/50R16 アクア/ヴィッツ/キューブ/ノート/フィット/デミオ...etc、など検討の余地はあり^^

  (B)落語
    20分位でできる30席位のネタをあらかじめ試験科目として公開しておいて、本人が
    選んだネタと、当日抽選で選ばれたネタの二席を演じる。審査は各協会幹部、席亭に
    加え、できれば公開審査としてお客さんの評価も反映したい。有料で実施しても、
    それぞれの落語家の贔屓や支援団体(?)でチケット争奪戦になるかもしれない^^
    二度に分けて実施してもいいかもしれない。
    ちなみに、ネタは三年一度位は半分入れ替えたほうがいいだろう。

 (3)定席寄席の席亭、および恒常的に落語会を主催するすべての席亭の一定の推薦
    まず、定席の席亭。そして、地域落語会などを主催する方々も加えたい。
    デジタル化は難しいが、もし定席の席亭が持ち点10点ならば、たとえば、過去
    三年間に10回以上の落語会を主催した地域落語会の席亭に3点でもいいから与
    える。
    幅広く落語のタニマチとなっている方の声を、ぜひ反映したい。


  相当思いつきだし、もちろんアナログな部分は残る。もっと細かい点で吟味が必要だろう。あくまで、「叩き台」としてお考えいただきたい。何らかの議論のベースがなければ、その先には進めないだろう。

 「東京共通真打昇進基準」として、こんな内容を各派が検討してもいい時期ではないだろうか。今のような状況のままなら、真打制度の存在理由はどんどん稀薄になるばかり。そう思う。
Commented by ほめ・く at 2012-05-18 17:41 x
記事を興味深く拝見いたしました。
歌舞伎の「名題」資格については初めて知りました。試験があるんですね。
ご提案の試験制度ですが、立川流に近いように思うのですが如何でしょうか。
立川流は二ツ目昇進を重視していますが、あれも一つの見識です。
統一基準にするのは理想ですが、歌舞伎と違って所属協会がバラバラなので難しいでしょうね。

Commented by hajime at 2012-05-18 19:43 x
ご無沙汰しています

問題は各派で昇進の基準がバラバラだという事ですね。
つまり真打の価値が違うと言う事だと思います。
芸協や圓楽一門会は完全に真打はスタートラインと言う考えですね。
落協も基本的には同じですが、今回実力本意に少し変わりましたね。
立川流は一応以前の基準を残しましたが、今後は流動的ですね。
真打と言う身分に、従来の基準を適用するのか 、あるいは単なる通過儀礼としてしまうのか?
それに寄っても違いが出てきますね。
それとも、大昔にあったと言う、三っ目を復活させるか・・・なんて面白いかな?なんて考えて仕舞いました。(^^)

今、この制度が大きな曲がり角に来ていると思います。

Commented by mama at 2012-05-18 23:32 x
いつもボンヤリ、ふわーっと落語を聴くだけの私にはあまり難しいことはわかりませんが、大阪、東京の各派の考え方が違うことがむしろ刺激になるよう、今は制度を揃えるよりも演じる場をいっぱい共有することを望みます。よく考えずに書いてごめんなさい。
まずは、真打ち制度を論ずる中ででも、それぞれの流派の偉い方たち(!)が危機感をどれだけ持って事に当たるかですよね。魅力のある噺家ってどういうものか、力のある噺家って何が必要なのかを、若手にしっかり指導して欲しいです。

Commented by 小言幸兵衛 at 2012-05-19 08:26 x
「名題試験」のことは、私も知らなかったんです。この件を考えることでの、副次的な効果でした^^
立川流に近いのはやむを得ないところです。談志の考えた条件は、それなりの説得力を持っていると思います。
ただし「百席」というのは、ある意味で精神論であって、「若い時に、とにかく吸収しろ」という教えなのだでしょう。よって数は絞っていいと思った次第です。
もちろん、今の状況からは現実的に統一するのは簡単ではないでしょう。
あくまでも、将来の名人が一人でも多く現れることを期待する、私案です。
まずは、それぞれの団体がそれぞれの歴史や組織のあり様を踏まえ、制度の改革を目指してもらうのが先だとは思っています。その流れの中で、「統一基準にするのも一案か?」と歩み寄ることができれば、うれしいな、ということです。

Commented by 小言幸兵衛 at 2012-05-19 08:44 x
おっしゃる通り、曲がり角ですよね。
「年功か、抜擢か、試験か・・・・・・」、それぞれに理屈はあり、一長一短あります。
あくまで、若手の中から愛せる噺家が一人でも多く育つ環境づくりを期待したいと思います。

Commented by 小言幸兵衛 at 2012-05-19 09:04 x
なかなか難しい問題です。
「魅力ある、力のある噺家の育成」「若手の出演する機会の拡大」、両方が課題ですね。
この件、答えは一つではないですし 【送料無料】 225/35R19 19インチ KYOHO 共豊 シュタイナーフォースド SF-V 8J 8.00-19 YOKOHAMA ヨコハマ ブルーアース A(AE50Z) SALE サマータイヤ ホイール4本セット【YOsum18】、もちろん異なる団体の基準の統一は、実現性は低いでしょう。
しかし、mamaさんがご指摘のように、各団体幹部が真剣に若手育成、出演機会拡大を検討する中で、選択肢の一つになれば、と思った次第です。
今後も、何か書くことがあると思います。

名前
URL
{yahoojp}ttrem04-zenjp3940-wl-zd-50075