>  > FACTORY EFFEX FX10-24424 SUZUKI シートカバー RMZ250 '07-09 ALL グリップ

FACTORY EFFEX FX10-24424 SUZUKI シートカバー RMZ250 '07-09 ALL グリップ

Category: シュウカツ俯瞰
“コア・コンピタンス”という経営用語があります。Core competence、競合他社を圧倒的に上まわるレベルの能力、あるいは競合他社に真似できない核となる能力と定義されます。そこにおいては、①顧客に利益をもたらす能力、②競合相手に真似されにくい能力、③複数の商品や市場に推進できる能力という条件をクリアすることが求められます。
要するに、競争関係にある他者との比較において、他者には真似が難しく、特定のクライアントに限らない汎用性があって、クライアントへ利益をもたらす自分自身の能力、とでも言い換えることができるでしょう。

企業活動においては、

FACTORY EFFEX FX10-24424 SUZUKI シートカバー RMZ250 '07-09 ALL グリップ割引で購入

、こうしたコア・コンピタンスを見極め、それをさらに伸ばし、強い競争力を築くことが極めて重要です。
例えば、トヨタ自動車では「カイゼン」を軸にした、低コストで高品質の自動車を作れる、というコア・コンピタンスがあります。
例えば、ホンダでは芝刈り機から除雪機、オートバイから自動車まで幅広く、高性能のエンジンを作れる、というコア・コンピタンスがあります。

EFFEX RMZ250 FACTORY '07-09 グリップ シートカバー FACTORY FX10-24424 SUZUKI シートカバー ALL


同じ自動車メーカーと言っても、それぞれ異なるコア・コンピタンスを磨いて競争していることになります。リーズナブルで故障が少なく信頼性が高いトヨタの車、高回転のエンジンでスピード感のある個性的なホンダの車、みたいな競争です。
トヨタとホンダのどちらが最終勝利をつかむのかはわかりませんが、少なくともこの50年近い世界の自動車市場の中で、お互いにコア・コンピタンスを磨きながら、ここまでの成長を成し遂げてきたツワモノと言えるでしょう。

さて、今回、現代日本の情報化社会を震撼させる事件が起こりました。最大で2,000万件を超える個人情報が流出した可能性がある、ベネッセ個人情報流出事件です。
事件は、6月に入って、ベネッセの顧客に対し、別の通信教育を行う会社からのダイレクトメールが届くようになり [ESPELIR] エスペリア スーパーダウンサス フロントのみ クラウンエステート JZS171W H13/8~ 1JZ-FSE 2WD NA 2.5L 後期 アスリート ※代引不可 ※離島は送料別途、そこではベネッセのみに登録した個人情報(お子さんの情報)が使われていたことから、ベネッセから個人情報が漏洩しているのではないかという問い合わせが急増したことにより発覚したものです。
こうした個人情報の流出はこれまでも数多く発生してきましたが、今回の事件はその数の多さ、流出したのが主に子どもの情報であったことから、経済産業省は今回の事件を重く見て、ベネッセコーポレーションに対し「個人情報保護法に基づき、本件に係る事実関係などについての詳細を書面にて提出するよう」報告を指示するという異例な対応を迫られることになりました(ベネッセの対応はhttp://www.benesse.co.jp/bcinfo/)。

FACTORY UVカット EFFEX FX10-24424 SUZUKI シートカバー 5.5Jx15LEMANS RMZ250 '07-09 ALL グリップ


情報化社会の進展とともに、個人情報の利用価値は著しく肥大化し、それに伴ってこうした流出という危険をどう抑えるか、という問題は今や一企業の信用云々を超えて、社会問題にまで至っていると言えるかもしれません。

しかし、事件の構造は実にお粗末なものでした。
ベネッセの顧客情報の管理を子会社に請け負わせ、その子会社が管理業務を外部企業へ再委託し、再委託先では派遣社員を使い、そこから情報が流出した、ということです。
そうしますと、ベネッセの顧客情報の管理はベネッセ⇒子会社⇒外部企業⇒派遣という四段重ねの下請け構造だったのです。
顧客を囲い込むというビズネスモデルで最も重要視すべきこと、それは顧客の利益をいかに守るか、です。
その利益の中に顧客情報が入ることは言うまでもありません。
でありながら、ベネッセはそれを子会社に委ね、子会社は外部企業へ委ね、外部企業は派遣社員へ委ねていたのです。
しかし、「こういう構造でアイデンティティが働く」でしょうか。
一般的にモラルはアイデンティティと比例関係にあると言われます。組織へのアイデンティティが強ければ強いほど、組織が定めるモラルは守られます。今回の事件では、アイデンティティの希薄さがモラルの欠如を産んだ 、と言ってもよいでしょう。

この種の勘違いは、とかく本業と位置付けている部門と、本業外と位置付けている部門との間に越えられない格差を設けているとよく起こることです。
こういった格差は、必ずより低価格へと誘導されます。
本業以外だからコストダウンが至上命題となり、いつしかアイデンティティやモラルは二の次になってしまうのです。例えば、データセンターしかり TRUSCO トラスコ中山 工業用品 ボッシュ maxゴーギングコンクリート35、ヘルプデスクしかりです。
本来は顧客と直に向き合う、極めて重要な部門であるにも関わらず、昔からの本業ではない、というだけの経過でいつしか周辺化され、越えられない格差を産んでしまう。
そこにこうした事件の陥穽があると言えます。

言い方を変えれば、ベネッセという日本有数の通信教育企業にとって、何がコア・コンピタンスだったのか、ということです。
もちろん、通信教育の中身である教材の品質、教え方の品質が重要な位置を占めることは当然です。しかし、同時に通信教育というビジネスモデルにおいては顧客管理が極めて重要であり 設置込(関東地区限定)ホイールマスター ホイールバランサー 最大24インチ対応 高品質 ALT-919【代金引換不可】【要ご相談】、顧客管理の基盤である個人情報が根っ子になると言えます。
そうして考えますと、ベネッセにとってのコア・コンピタンスは「通信教育の中身」であり サマータイヤ 225/45R18 95W XL ダンロップ ルマン5 LM5 & クレンツェ グラベン 680エボ 7.5-18 タイヤホイール4本セット、「顧客管理」であると規定してよろしいでしょう。
しかし、ベネッセは昔からの本業(通信教育の中身)だけを中心化し、顧客管理というもう一つのコア・コンピタンスを周辺化し、四段重ねのアイデンティティやモラルが希薄となりがちな下請け構造に任せっぱなしにしていたのです。
その意味では、ベネッセの旧経営陣は経営者失格と断罪されても致し方ないと言えるでしょう(実際に副会長と最高情報責任者が引責辞任)。

さて、こうしたコア・コンピタンスは皆さん自身にも通用することです。皆さんがこれから社会に出てゆく際に 2018年製 スタッドレスタイヤ グッドイヤー アイスナビ6 205/60R16 92Q & テッドスナップ 6.5-16 タイヤホイール4本セット 205/60-16 GOODYEAR ICE NAVI 6、いわば企業というクライアントへ皆さん自身をセールスしなければならない訳ですが、その際に自分自身のコア・コンピタンスとは何なのか、ここにぜひ想いを致していただければと思います。
競争関係にある他者との比較において、他者には真似が難しく、特定の企業に限らない汎用性があって、企業へ利益をもたらす自分自身の能力とはいったい何なんだろうか、と自問するところから、

FACTORY EFFEX FX10-24424 SUZUKI シートカバー RMZ250 '07-09 ALL グリップ

、皆さんの社会参加のレースがはじまるとも言えるのですから。
{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-10228