>  > 【プロジェクトミュー】RACING-N1(レーシング・エヌワン) トヨタ クレスタ CRESTA用 LX100系 リヤブレーキパッド 品番:R124
月の雫 売場風景
25日 1月 2012

【プロジェクトミュー】RACING-N1(レーシング・エヌワン) トヨタ クレスタ CRESTA用 LX100系 リヤブレーキパッド 品番:R124

今日は、休みだったので、天橋立に遊びに行きました。

家を朝の7時頃に出て、11時半ぐらいに着きました。

雪が降った後でしたが、一応、晴れでした。

おみやげ屋さんが並んでいます。

こちらは 17インチ サマータイヤ セット【適応車種:デリカD:5(CV系 2WD)】A-TECH シュナイダー スタッグ メタリックグレー 7.0Jx17エナセーブ RV504 225/60R17、おみやげ屋さんの道の正面にある智恩寺。

臨済宗妙心寺派の寺院ですが、もとは、密教(真言宗)のお寺で、

文殊菩薩(もんじゅぼさつ)を祭っていて、日本三文殊の一つと

されます。

 

文殊菩薩が登場するのは、初期の大乗経典で、特に般若経典です。

「華厳経」では、善財童子を仏法求道の旅へ誘う重要な役で描かれ

ます。

文殊菩薩の特性は、悟りへ到る「般若」(智恵)と言われています。

 

なんでも、荒れ狂う龍に難儀したイザナミとイザナギが、文殊菩薩の

知恵を借りて、龍を大人しくしたそう。

神道も仏教も、ごちゃまぜなお話ですが、とにかく、ここは、龍の里

なのです。

お寺参りは、これくらいにして、しばしば龍に例えられる天の橋立を、渡ろうと思います。

これが、廻旋橋。

遠くに雪山が見えて、綺麗な景色でした。これから渡ろうとする天の橋立は、幅20メートル~170メートルの道で、長さが、3.2キロメートルもあるそうです。

橋を渡ったところに地図がありました。

こんな感じの松林が、ずっと続きます。

余談ですが、松竹梅は、なんでお正月に欠かせない縁起物なのかご存知でしょうか?

松も竹も、冬の寒さにも枯れないで、青々としているし、梅なんかは、花まで咲かせるということで、その生命力の強さで、めでたいらしいです。

日本酒の銘酒に、「雪中梅」というのがあります。

さっぱりしていて、ちょっとだけ、ピリッとするような美味しいお酒です。

あ~なんか、熱燗が呑みたくなってきますね。

隣は、すぐ海です。

波の音と、潮の香りと、鳥の鳴き声が聞こえます。

ここは二番目の橋の大天橋。

今日は、雪が降ったせいか、周りに誰もいなくて静かです。

これは、途中にある「はしだて茶屋」と言うお茶屋さん。

延々と松林が続きます。

松ばっかり写真に撮っていても仕方がないので、ここら辺でやめておきます。

やっと、3.2キロメートルを渡りきりました。

周りは、白銀の雪で覆われています。

これから何処にいこうというのでしょうか?

実は、ここに来たかったのでした。

じゃ~ん。

一の鳥居。

二の鳥居を越えると、籠(この)神社です。

参拝する前に、まずは、手を洗いましょう。

ここは、元伊勢と呼ばれ、伊勢神宮の内宮と外宮の両方が祭られていたところです。

元伊勢は、日本全国、いろんな所にありますが、だいたい天皇を敬うことからか、内宮(天照大神)しか祭っていません。

「3人よれば文殊菩薩の智恵」というように、力を合わせることで、能力は格段に増します。

太陽と月(火と水)の力が合わさったら、とんでもない力を発揮します。

その合わさった聖地が、ここなのです。

話は変わりますが、私の家系は、武家の棟梁、清和源氏です。

鎌倉幕府を開いた、源頼朝や、源義経と同じ氏族です。

清和源氏は、清和天皇の家系ですが、藤原氏の血が濃いので、内宮も外宮も、両方が、ご先祖様なのですね。

倭宿禰命(やまとのすくねのみこと)の像。

天照大神の孫で、天照国照彦火明命(あまてるくに てるひこ ほあかりのみこと)別名、天火明命(あめのほあかりのみこと)という神様が、ここの主神です。

この像は、その主神の四代目の子孫で、神武天皇が、明石海峡に辿り着いた時に、亀に乗って現われ、神武天皇を案内したとされます。

右手に龍の珠と言われる「如意宝珠」を持っています。

亀は、中国では、寿命の長い霊獣とされ、その影響か、日本でも、神事には、亀の甲羅を焼いて、入った亀裂で、卜占(占い)をしていました。

藤原氏の前身の中臣氏は、京都の山科の中臣町の出身ですが、以前は、卜部(うらべ)氏(占部氏とも浦部氏とも表記)と言い、亀の甲羅を焼いて、朝廷の神事を任されていました。

それぐらい亀は、神秘的な生き物だったようです。

浦島太郎が、亀に乗って不老不死の竜宮城に行くのは、偶然ではないようです。

これは、籠神社の絵馬です。

天火明命(あめのほあかりのみこと)が、お后の市杵島姫命(いちきしまひめのみこと)と一緒に、竹で編んだ籠船に乗って、海の彼方の海神の宮(龍宮とか、常世とか言う)に行かれたという故事から、ここが、龍宮(このみや)という呼び名になったという由来を絵馬にしているようです。

左の紋が、籠神社の神紋で、「三つ巴」という水が渦巻く様子の紋です。

右の紋は、籠神社の裏神紋と言われていて、六芒星(ろくぼうせい)の中に太陽と月が書かれています。

六芒星は、ユダヤ教では、ダビデ王の紋章と言われています。

△と、▽の二つが重なって出来る紋で、陰と陽、火と水、男と女などの相反する力が重なることを意味するらしいです。

日本では、この紋は、竹で編んだ籠の形から、籠目紋(かごめもん)と呼ばれています。

こんな感じで、中に六角形が出来るのが特徴です。

実は、この六芒星は、絵馬を見ていただいたら分かるように 18インチ サマータイヤ セット【適応車種:エスティマ(50系 2WD)】HOT STUFF プレシャス アストM1 メタリックブラック/ポリッシュ 7.0Jx18Bluearth RV-02 225/45R18、亀を図柄にしたものです。

白い部分が、亀の胴体で、金色の部分が、頭と、手足と、尻尾です。

絵馬を買う時に、籠神社の巫女さんが言われていましたが、天火明命(あめのほあかりのみこと)は、天照大神の孫だそうです。

別名を饒速日命(にぎはやひのみこと)と言い、製鉄技術に長じた物部氏の祖神です。

えべっさん(鍛冶の神様)と同じで、雷を起こす火の神様です。

物部氏は、神道派の藤原氏と一緒に、仏教派の蘇我氏と戦いますが、負けて物部氏は滅ぼされてしまいます。

大神神社(おおみわじんじゃ)に祭られている大物主大神(おおものぬしのおおかみ)は、饒速日命と同一神だと言われています。

どちらも出雲の神様で、蛇(龍)の神様とされています。

隣の市杵島姫命(いちきしまひめのみこと)は、ご存知のように(蛇)水の神様です。

火と水が亀によって、力を合わせるという不思議な図柄です。

さて、ここは、これぐらいにして、次に行きましょう。

右の真名井神社へ行きます。

籠神社の前身の神社だそうです。

ちょっと歩かないといけないようです。

やっと着きました。

一の鳥居です。

参道の左右に竹藪が続きます。

雪の重さで、竹がお辞儀をしているみたいです。

 

左右、両方こうです。

近くに川が流れているのか、水の音がします。

今回は、天橋立の波の音といい、水の音ばかりです。

竹と雪の風景も、なかなか良いものです。

 

みなさん、竹というのは、草か木か、どちらと思います?

答えは、草だそうです。

茎が、木のように硬質化するイネ科の植物だそうです。

一日に1メートルも成長するそうで 「複数種類あり」 クルーズ コントロール サブ の スイツチ ■ 『図の略番 83151 のみ』 スバル純正部品 レガシィ 適合年式[平成15年01月~18年04月]『品番』 83151SA000 ^j14^、その生命力は、馬鹿に出来ません。

遠くに何か見えてきました。

着きました。

真名井神社です。

外宮の神様(外国から来た神様)で、水徳の月と呼ばれる「豊受大神」(とようけのおおかみ)を祭っています。

別名、天御中主神(あめのみなかぬしのかみ)や、国之常立神(くにのとこたちのかみ)とも言います。

 

真名とは、ユダヤ教や、キリスト教の旧約聖書に出てくるマナという食べ物のことです。

モーセ率いるユダヤ人が、飢餓に苦しんだ時に、神様が、与えた食べ物です。

旧約聖書のマナとは、カイガラ虫の甘露ではないかという研究者がいますが、私は違うと思います。

人間は、常に飢餓と戦ってきました。

人間が、飢餓に苦しまなくてもよくなったのは ★色番号塗装発送エアロ 3点キットB / (片側ハーフタイプ)【ムゲン】フィット FIT 【 2013年9月~ 】 エアロ&ホイールセット FIT AERO&WHEEL SET 《適合: GK3-300 GK4-300 GK5-300 GK6-300 》、穀物の発見からです。

腐りにくく、長期間保存がきき、少量でも、栄養があります。

穀物を、蓄えるようになって、人間の暮らしは変わります。

まさに、奇跡の食べ物だったと私は思います。

その穀物神が、豊受大神で、穀物を育てる不思議な水(海水ではなく真水)の出る場所が、ここ真名井神社だということでしょう。

「愛娘」とかでも使われるように、真名は、「愛」でもあり、「生命」そのものと言えそうです。

品番:R124 クレスタ リヤブレーキパッド リヤブレーキパッド トヨタ CRESTA用 トヨタ LX100系 【プロジェクトミュー】RACING-N1(レーシング・エヌワン)

やっぱり、みんな竹がお辞儀しています。

籠宮(このみや)の古称を吉佐宮(よさのみや)と言いました。

この漢字は、昔の字で、「よさ」と読むそうです。

 

古事記や、日本書紀に出てくる「天の真名井原の誓約」とは 、ここのことです。

太陽神「天照大神(あまてらすおおみかみ)」と、嵐の神「素戔嗚尊(すさのおのみこと)」が誓約をして、5男神と3女神が生まれたところとされます。

龍と係わりの深い市杵島姫命(いちきしまひめのみこと)別名「弁財天」は、この時に誕生しました。


シュメール神話(現在のイラク、クウェートのある場所で、ペルシア帝国に併合された初期のメソポタミア文明が栄えた地域の神話)や、エジプト神話でも、太陽神と嵐の神の仲介をするのは、月(智恵)の神様だとされます。

いよいよ第二の鳥居です。

狛龍です。

龍が、豊受大神(とようけのおおかみ)の使いだそうです。

豊受大神の子供の弁天さんが、ここを守っているのかもしれません。

弁天さんは、シュメール神話では、「イシュタル」と言う神様で、「ムシュフシュ」という龍に乗っているそうです。

また、ギリシャでは、「ヴィーナス」とも呼ばれ、愛(まな)と美の神様とされます。

イシュタルの神話は、「ギルガメッシュ叙事詩」と、「冥界下り」の神話が有名です。

「冥界下り」の神話 では、イシュタルが、死んだ為に、人々が、愛し合わなくなり、子孫が途絶え、植物は、花も咲かせず、実もつけず、動物も絶滅して、困り果てた、天神エア (ユダヤ教、キリスト教、イスラム教の最高神で淡水の神様)が、月神シンと相談して、イシュタルに「生命の水」を振り掛けて、蘇らせるという物語です。

ギリシャ神話のデメテルと、ペルセポネーの話とも似ています。

鳥居をくぐる前のところに、この「真名井の水」(生命の水)があります。

この神社には、「豊受大神のお顔は、

【プロジェクトミュー】RACING-N1(レーシング・エヌワン) トヨタ クレスタ CRESTA用 LX100系 リヤブレーキパッド 品番:R124【爆発的な人気】

、藤の花で、そのみたまは天の真名井の水」という秘伝があるそうです。

藤原氏の「藤」は、ここから取られた名前だと思います。

それから、藤(不死)の蔓(つる)は、竹と同じ、籠の材料にもなります。


こちらは、波せき地蔵さんと言うらしく、ここを守っているそうです。

それでは、鳥居を抜けて、階段を登ってみましょう。

本殿です。

シンプルですが、木に苔がむしていて、木漏れ日に照らされて、なんだか神々しい感じです。

日本人の主食であるお米は、「籠める」という言葉から来ているそうです。

太陽の「光」(火)と、生命の源である「水」を、人々の祈りと共に、一粒に籠めて、奇跡のお米は作られます。

だから、「米」という字は、火と水が組み合わさった字なのです。

この本殿では、狛龍ではなく、狛犬でした。

私が、ここへ来たかった理由は、今から10年程前に、夢の中に、ここの神様が、白い姿で現われて、銀色に輝く珠の入った袋を、くださったからです。

夢の中では、私は、いただいた銀色に輝く珠を食べていたわけですが 【送料無料】 充電制御車対応 バッテリー ホンダ ドマーニ E-MB4 用 AMS60B24R ACデルコ ACDelco メンテナンスフリー 充電制御対応 AMS HONDA 車 車用 60B24R カーバッテリー バッテリートラブル バッテリー上がり、その珠が、なんなのかわかりませんでした。

真珠ぐらいの大きさでした。

あれが「真名」?

とにかく、普通にみる夢とは、感じが違っていて、色も姿も、鮮明だったので、それで、いろいろと調べていくうちに、ここに辿り着いたというわけです。

調べていくうちに分かったのですが、ここの神様は、私のご先祖様だったみたいです。

とりあえず、仕事が忙しくて、来る暇がありませんでしたが、念願の神社に来れました。

 

 

真名井神社が終わったので、傘松公園に行こうと思います。

傘松公園には、坂がきついので、ケーブルカーで行きます。

ここは、私が昔、勤めていた会社の社員旅行で来たことがあるので、2度目になります。

こんな坂を登ります。

さあ、着きました。

そこは、柵がしてあるので、入ったら駄目ですよ!!

【プロジェクトミュー】RACING-N1(レーシング・エヌワン) トヨタ 【メーカー直送品】無限 クレスタ CRESTA用 LX100系 リヤブレーキパッド 【4本組】ジムニー 品番:R124

やっと、広い場所に出ました。

た~まや~。

ここが、日本三景の一つと言われる傘松公園から見た天橋立です。

龍に例えて、昇龍観(しょうりゅうかん)と呼ばれています。

俺は、あそこを歩いて来たのか!!

すげー

海も光を反射して綺麗です。

う~ん絵になるなぁ。

こうして、小旅行は、終わりました。

帰りは、歩いて帰らず、ボートで帰りました。

さすがに、あの距離を上から見たら、歩いて帰る勇気がわきませんでした。

でも、楽しかったです。

おしまい。

tagPlaceholderカテゴリ:
コメント: 2 (ディスカッションは終了しました。)

ログイン ログアウト | 編集
Jimdo

あなたもJimdoで無料ホームページを。 無料新規登録は https://jp.jimdo.com から

{yahoojp} {tukinoshizuku.jimdo.com}